« 片山さつきの書き方 | トップページ | あああああ、渡辺克巳死去 »

2006/02/03

節分に、もったいなくてまけない豆

daizuま、節分というわけだけど、豆まきは、いつやったのが最後かね。田舎にいた頃は、節分の夜には、たしか電気消すのだったかな? あちこちの家から「鬼は~そと」の声が聞こえた。豆は炒ってあって、拾って、くったな。炒った豆を食べるのは、節分とは限らなかったが、あんなカタイもの、よく食べたものだ。

いまウチには、大豆があるが、もったいなくて豆まきにはつかえない。去年は年寄りの家で、4升ばかり収穫があったのを、今年の正月に行った時、わけてもらって、大事に大事に食べている。ほんと、うまいんだなあ、ホッペが落ちそうというのは、こういう味だよ。年寄りの家では、これで豆腐をつくって食べている。ミキサーをつかってドロドロにし、コクのある、うまい豆腐が、アンガイ簡単にできる。

何度か、このブログで書いているが、バクゼンと食料自給率を上げるということではなくて、やはり、まず、大豆の自給率を上げるべきだと思うね。

写真、袋に入った黄色いのは、1月3日「雑穀料理の元日 キビ入りおこわ」に書いた、キビだ。これは自家製じゃない。秩父の地元産で、いまは品薄だから、けっこうよいお値段のもの。

|

« 片山さつきの書き方 | トップページ | あああああ、渡辺克巳死去 »

コメント

ええっ、退屈男さんの実家も落花生だったんですかあ。ってことは、落花生で豆まきってのは、地域差じゃなくて、年代差なのかなあ。

新潟県は、みんな大豆をまくと思っていたのに。

はあ、とにかく、これから喪に服します。

投稿: エンテツ | 2006/02/03 23:13

ラジオで、荒川強啓さんが「北海道は大豆じゃなくて落花生」というような話をしていました。拾って食べても衛生的だし大豆よりうまい、とか言ってましたが、じつはぼくの新潟の実家も落花生でしたねぇ。

投稿: 退屈男 | 2006/02/03 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/8480428

この記事へのトラックバック一覧です: 節分に、もったいなくてまけない豆:

« 片山さつきの書き方 | トップページ | あああああ、渡辺克巳死去 »