« ついでに、共同溝リンク | トップページ | HEYANEKO(浅原昭生)著・刊『廃村と過疎の風景2』 »

2006/02/04

強欲の食育

それで、もう一つ、2日に書いたことで思い出した。その荒川区の熊の前の飯場では、トウゼン食事がでるが、タダではない。そして、その給食は、親方の女房が「経営」していた。つまり、毎月まとめて払う日当の合計から、食費を差し引いて徴収し食事を出し、そのモウケは女房の財布に入るという仕掛けだ。おれも、ときどきその食事を食べた。

あるとき、ついでがあって、その女房に買物を頼まれた。頼まれた買物は何かというと、熊の前商店街の八百屋には、腐りかけた野菜が、皿だかザルに盛られ、一山50円で売っていた。当時は、そのように腐りかけた野菜を売っているのは、めずらしいことじゃない。それを買って来いというのだ。

女房は、飯場の人夫たちのあいだでは、ケチで強欲といわれていたが、金をとってそんな腐りかけの野菜を食べさせるなんて、ほんとに強欲なやつだと思いながら、言われるままに買った。その野菜は、その夜の具沢山の味噌汁に入っていた。ところが、これが、けっこうウマイのだ。腐りかけの野菜も捨てたもんじゃないんだなあ、と、そのとき思った。

しかし、まあ、出稼ぎの百姓たちは、とことん搾られたものだ。
そういや、あの親方の名前なんていったかな? もう組の名前も思い出せない。

|

« ついでに、共同溝リンク | トップページ | HEYANEKO(浅原昭生)著・刊『廃村と過疎の風景2』 »

コメント

連絡してみてちょうだい。

電話番号、どこかに書いてあるはずなんだけど、いまさがすのメンドウだから。

投稿: エンテツ | 2006/02/05 22:06

んで、そのぶっかけ飯の残したやつも次の客に出される...うげぇ〜

タバっちには、こっちからも連絡してみますよ。
それとも、おいらと二人で仲良くタコ焼き喰いますか。ふはは!

投稿: 吸う | 2006/02/05 19:59

その味噌汁、めしにかけて食べればよかったのに。

そういえばさあ、バタヤンから、まだ返事のメールがないんだが、どうかしたのだろうか。

投稿: エンテツ | 2006/02/05 07:35

以前、某運送会社でバイトしてた時、その事務所にある食堂では、食べ残しの味噌汁を鍋に戻してまた次の客に出していたんで、それを知ってる人はみんな手を付けない。んで、残されたその味噌汁はまた鍋に戻されて...とループする...

投稿: 吸う | 2006/02/04 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/8500080

この記事へのトラックバック一覧です: 強欲の食育:

« ついでに、共同溝リンク | トップページ | HEYANEKO(浅原昭生)著・刊『廃村と過疎の風景2』 »