« 煮干しと醤油とダイコン | トップページ | 不愉快な日々 »

2006/03/20

高田馬場つげ義春研究会、で、大衆食堂福住

高田馬場つげ義春研究会というところから、おれがテキトウにやっているサイト「大衆食堂的!」に掲載の「富浦」にリンクしたという挨拶をいただいた。

そのページを見た。……クリック地獄
地名の富浦のそばに「外」の字があるが、そこからリンクがはってある。

もちろん、リンクは、どのページにでもOKだが、富浦には、つげ義春さんが泊まったことがある、そしておれも泊まった民宿があって、チョイと詳しく書いたのだ。それでだね。

つげ義春さんと富浦、はて、どんな関係でありましょうか。おれがそこに泊まったイキサツは、そして泊まって、なにがあったか?なかったか? まだご覧になってない方は、どーぞ。……富浦へ、クリック地獄

そして、さらに、そうそう、そういえば、前に江東区平井にあった大衆食堂「福住」が閉店退去のあと、そこをつかって、つげ義春原作・石井輝男監督の「ねじ式」の撮影があったのだと思い出し、福住のページに書き加えた。……クリック地獄

以上。

|

« 煮干しと醤油とダイコン | トップページ | 不愉快な日々 »

コメント

うふふふ
うふふふふ
うふふふふふ

投稿: エンテツ | 2006/03/24 06:54

富浦で呑むったら泊まりがけじゃないっすかぁ〜
エンテツさんと二人きりでお泊まりだなんて...うふふふ...

投稿: 吸う | 2006/03/22 22:02

その話、吸うさんと従弟を入れ替えているんじゃないの。

でははは、そのうち、富浦へ飲みに行こう!

投稿: エンテツ | 2006/03/22 20:50

おお富浦!懐かしいなぁ〜
親戚が富浦で履き物屋をやってるんで、ガキの頃は夏休みによく行ったなぁ〜

この親戚んちにはガキの頃に日本脳炎にやられて頭がおかしくなった年上の従兄弟がいて、よくこの従兄弟が店番させられてたんだけど、変な行動をとるってんで、叔母さんからこの店番の従兄弟の見張りを頼まれて、二人で店ん中でぼんやりしてたんだよなぁ〜
んで、時々店の前を車や人が通ると、いきなり従兄弟が店を飛び出して両手を挙げてぴょんぴょん飛び跳ねながら奇声を発して驚かすもんだから、そんな時はすかさず叔母さんを呼ぶと、コラ〜!と怒って二階から降りてきて、従兄弟の頭をパチーンとぶっ叩いてたなぁ〜
叩かれて従兄弟泣いてたなぁ〜

もう20年くらい行ってないな。懐かしいなぁ〜

投稿: 吸う | 2006/03/22 05:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/9175867

この記事へのトラックバック一覧です: 高田馬場つげ義春研究会、で、大衆食堂福住:

« 煮干しと醤油とダイコン | トップページ | 不愉快な日々 »