« 吉本隆明『「食」を語る』とレバカツ | トップページ | 野菜炒めからスローフードとロハス »

2006/05/17

自分で書いた忘れていたことを思い出す「東京定食屋ブック」

検索でウロウロしていたら「「東京 定食屋ブック」ーーおいしくご飯を食べようよ」という記事があった。「香りを聴くーー心身一如のアロマセラピーBlog 」の5月16日、きのうだ。

読んだら、おれの文章が引用されていた。

「大衆食堂では、なんとなくフツーにすぎていく、
フツーの日常が新鮮に見えることがよくある。
……この数十年のあいだに、東京は世界中のものを導入し……
実務的な洗練されたオシャレでおいしい店はふえた。
一方で土着的な人間臭い東京らしさを失ってきたが、
大衆食堂には、その「らしさ」が息づいている。
気取らない力強い食事、その建物や空間、
とりわけ食堂のおじさんやおばさんとのふれあいは、
ここにしかないものだ。」

自分で書いた文章だが、すっかり忘れていて、こうやって引用されたのを読むと、はあ、まったくそのとおりなんだよなあ~と自分で感心してしまう。自讃。

「この本を企画協力されている遠藤哲男さんの、チカラの入ったHPです」と、ザ大衆食のサイトまで紹介されている。ありがたや。「てつお」の「お」は「夫」が正解なんだけど、どうでもよいね。

しかし、近頃は、ボケがまわったのか、アルコールで脳が腐っているのか、自分で書いたことをスグ忘れてしまって、困ったものだ。

|

« 吉本隆明『「食」を語る』とレバカツ | トップページ | 野菜炒めからスローフードとロハス »

コメント

アルコールに何か混ぜられたか。

投稿: エンテツ | 2006/05/17 19:24

>アルコールで脳が腐っているのか、

アルコール漬けになったら逆に腐らないでしょ

投稿: 吸う | 2006/05/17 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/10112964

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で書いた忘れていたことを思い出す「東京定食屋ブック」:

« 吉本隆明『「食」を語る』とレバカツ | トップページ | 野菜炒めからスローフードとロハス »