« 野菜炒めをやろうリンク集 | トップページ | 某大衆食堂の常連の死を知る »

2006/05/14

須田泰成コメディノロジー研究室から食と料理の喜劇性をへろへろ

コメディ・ライター&プロデューサーの須田泰成さんがblogで「須田泰成 コメディノロジー研究室」を立ち上げた。目下、コメディノロジー入門講座という感じであるが、おもしろい。読んでいると、いろいろ食と料理について、頭のなかで豆電球が点いたり消えたり、ひらめくことがある。

そもそも「食べる」ことは、かなり喜劇的だ。喜劇的すぎて悲劇になってしまうことも少なくない。あるいは、悲劇的すぎて喜劇になってしまうのかも。グルメや食べ歩き飲み歩きの「ブーム」、健康「ブーム」……ま、「ブーム」というのは、そういうものだけど。いまあるのかどうか知らないが、東京テレビの「チャンピオン」シリーズは、そういうブームな食の喜劇(ブラック・コメディ)だったと思う。

その「食べる」ためにしなくてはならない「料理」は、さらに喜劇的だ。料理は、ミスマッチと逆転、置き換え……そのバランスで成り立っている。人間は、そういうメンドウをしながら生きている、もっと動物だったら、よかったのになあ。と、そのメンドウがめんどうになり、誰かを殺したりする。とか、ね。

須田泰成コメディノロジー研究室……クリック地獄

|

« 野菜炒めをやろうリンク集 | トップページ | 某大衆食堂の常連の死を知る »

コメント

ボンさん、情報ありがとうございます。
最近数日、アクセスの数が増えているような気がしていました。
五つ星とは、ありがたいことであります。
ま、大衆食堂のように地味にコツコツとやっているだけですが。

投稿: エンテツ | 2006/05/15 09:37

書き込みは久方ぶりです。
便利サイト「まとめ。com」を巡回すると、
http://ma-to-me.com/
大衆食まとめということで「ヨッ大衆食堂」が
五つ星で紹介されておりますね。
思わぬとこで見掛けたのでびっくりでしたが。

投稿: ボン 大塚 | 2006/05/15 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/10060263

この記事へのトラックバック一覧です: 須田泰成コメディノロジー研究室から食と料理の喜劇性をへろへろ:

« 野菜炒めをやろうリンク集 | トップページ | 某大衆食堂の常連の死を知る »