« サントリー「WHISKY VOICE」に十三トリス | トップページ | 自分で書いた忘れていたことを思い出す「東京定食屋ブック」 »

2006/05/17

吉本隆明『「食」を語る』とレバカツ

吉本隆明さんの『「食」を語る』(聞き手・宇田川悟、朝日新聞社、2005年)を見ていたら、レバカツの話が出てくる。戦前の話で、日中戦争から太平洋戦争開始のころのことか。一家は東京の月島に住んでいて、よく学校帰りに買い食いした「三浦屋のレバカツ」の話だ。三浦屋はもうないらしいが。吉本さんは、これがお気に入りでよく食べ、またそのことをよく書いているらしい。レバカツのことを「肉フライ」とも呼んでいたようだ。

レバカツがくいたくなった。
ついでに「ホルモン」というのはレバやハツを含まないのかな、気になった。内臓なら「ホルモン」という場合もあるようだが……。

しかし、戦前でも、東京の下町あたりじゃ、惣菜を買ってきたり買い食いはアタリマエだったということが、あらためてわかった。ハムカツをパンにはさんで食べるとうまいが、レバカツもソースをたっぷりかけパンにはさんで食べるとうまそうだなあ。

当ブログでのレバカツは、2005/09/14に新宿のション横「つるかめ」のレバカツのことを、書いている。……クリック地獄

いま思い出したが、日本橋の「たいめい軒」のレバカツも、かつては有名だったな。

検索したら、「レバーフライ・レバカツ 1 (月島) B級グルメと旅行と日記」というのがあった。……クリック地獄

|

« サントリー「WHISKY VOICE」に十三トリス | トップページ | 自分で書いた忘れていたことを思い出す「東京定食屋ブック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/10108393

この記事へのトラックバック一覧です: 吉本隆明『「食」を語る』とレバカツ:

« サントリー「WHISKY VOICE」に十三トリス | トップページ | 自分で書いた忘れていたことを思い出す「東京定食屋ブック」 »