« カルチュラル・タイフーン 2006 下北沢 続き | トップページ | 揚羽屋主人・田村秀樹さんの命日に赤羽で »

2006/06/26

カルチュラル・タイフーン 2006 下北沢 続きの続き『都市/CITYを紡ぐ』

司会の五十嵐さんは、23日に打ち合わせのために東京に来ていた大阪市立大の原口さんと大阪へ向っているらしい。さきほどメールが入って、五十嵐さんが司会の「闇市と戦後の記憶 大衆の痕跡」と、木村さんが司会の「「若者の街」の形成とその変容」のセッションをまとめて、単に「下北沢セッション」と呼んでいたが、その全体のタイトルを『都市/CITYを紡ぐ』にしようと思っているとのこと。これは速報だね。

「新橋、大阪、裏原宿に紡がれた生活と文化の営みに耳を傾け、都市を生きる身体が発した言葉を持ち寄る。そして再び、道路計画に揺れる下北沢の地層へと分け入ろう――闇市に始まった、生活の活気溢れる商店街。そしてカウンター・カルチャーと若者文化の拠点に。いまこの下北沢で、世代を超えた対話の幕が開く。都市に生活し、憩う人々が、出会い、語らう居場所を築きあげる術を取り戻すために」というのが説明文の原案だとか。

ま、とにかく、都市にせよふるさとにせよ、人びとが紡ぎだすものなのだよなあ。人間は社会がなくては今晩の酒も飲めないしめしもくえない動物だから、たえず社会を紡ぎ出さなくてはならない。それが買い物をしたり、食堂でめしをくったり、飲み屋で飲んだり、ということでもあるはずなのだけど。

でも、近年の商業主義というか「消費文化的な社会」というのは売買関係だけで、カネだせばいいんだろ、カネだせばイイコトしてアゲル、ってな関係だけで、紡ぎだすこと、つまりお互いにいい関係をつくりあげていくことを忘れさせるね。

ところで、きのうはおれの報告要旨だけを紹介したが、ほかのみなさんは、こんなふうにおっしゃっている。

初田香成さんは「ヤミ市における都市計画、都市計画におけるヤミ市 ―戦後東京の事例研究―」というタイトルでの報告だが、「戦後東京のヤミ市がどのように形成され撤去されたか、もしくは高度成長期を経てもしぶとく残っていたかといった実態を報告するつもり。ケーススタディとして1960年代の新橋西口の再開発を調べましたので、それに関しても話すかもしれません」と。

原口剛さんは「労働の記憶を語り継ぐ 大阪「築港」の社会史」というタイトルでの報告だが、「報告内容は、現在進めている大阪港の調査をベースにしたいと考えています。大阪港に築港という人工島がありまして、そこは戦後港湾労働のメッカだったのですが、コンテナ化によって労働力省力化が進むと同時に港湾運送の拠点が別の港に移り、現在は水族館や美術館、ショッピングモールなどが建ち並んでいる地域です。といっても、それは島の北半分の地域で、南半分は開発から取り残され衰退する一方です。私の調査は南半分で経営している立ち呑み屋さんに通っては話を聞く、というもので、そこで会話を録音したデータをもとに、報告しようと思っています。立ち呑み屋に集まる住人の会話や表情が、ほんとうにいきいきとしているのです。ここは少しおおげさに、「立ち呑み公共圏!」「歴史的記憶再生産装置・立ち呑み屋!」ぐらいのことは言ってしまおうかなあ、とも思っています」

つまり、「若者の街」が形成される前にあった汗臭い労働と生活の都市に、みなけっこう思い入れを持った報告になりそうなのだな。

そして続く、木村さんが司会の「「若者の街」の形成とその変容」は、その汗臭い労働と生活の都市が変容していく1980年代以後が中心になるというわけだ。こちらの報告者については、先日の打ち合わせで聞いているのだが、メモをとってこなかったので忘れてしまった。たしかファッション関係の方だったように思う、原宿あたりの話もあるとか、後日確認のうえ、紹介しよう。

司会の木村さんの所属は東京大学大学院教育学研究科修士課程で、25歳ぐらいという年齢的にもそうだが、下北沢の現在の若者文化の担い手の一人だ。下北と出会う雑誌『Misatikon ミスアティコ』の編集や「セイブ・ザ・下北沢」などで活躍。なんとか世代論的なギャップをこえようと意欲的であるようだ。

ま、おれなどは、下北沢の現在の若者文化が形成されていくにしたがい、下北から離れていった人間だから、あんたら「下北を守る」というけど、自身が壊した下北について知っているのかとか思ったりしながら、でも、その思いを断層に固定させるのではなく、話し合っていくことで都市というイロイロな断層の集まりのなかで、だからこそ断層を克服し、愛着のわく都市を紡ぎだそう、というぐらいの気持ちは持って参加しているわけだな。たぶん。

「カルチュラル・タイフーン2006in下北沢」のサイト……クリック地獄

|

« カルチュラル・タイフーン 2006 下北沢 続き | トップページ | 揚羽屋主人・田村秀樹さんの命日に赤羽で »

コメント

なるほど~、いいかんじだ。
関西遠征やりたいですなあ。

宣伝書いたけど「カルチャラル」ってなっていた。チャラチャラなかんじでいいけど、いま「カルチュラル」に直し。

投稿: エンテツ | 2006/06/28 21:35

繰り返しの宣伝ありがとうございます。

原口くん&美人の後輩さんと行ってきましたよー、話題の大阪築港立ち飲み屋。
ちなみに、ここです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/meitei/archive/news/2005/20051203ddlk27070471000c.html

いや、ここはいかなアカンですよ、エンテツさん。関西遠征を近々組みましょう!

投稿: yas-igarashi | 2006/06/28 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/10685558

この記事へのトラックバック一覧です: カルチュラル・タイフーン 2006 下北沢 続きの続き『都市/CITYを紡ぐ』:

« カルチュラル・タイフーン 2006 下北沢 続き | トップページ | 揚羽屋主人・田村秀樹さんの命日に赤羽で »