« よく動きよく飲み、クリック地獄三打 | トップページ | 地元でタップリ飲んだ翌日は »

2006/06/10

おったち豆腐

サイトの読者さんたちから、いろいろメールをいただいている。どうもありがとうございます。

そのなかの一つ。東京は阿佐ヶ谷にお住まいの方から。「阿佐ケ谷の「戎」という、今はなきやきとん屋ではオッタチドーフ(表記失念、略称おったち)というつまみがありました。「豆腐4分の1丁、鶏卵の黄身、納豆、おろししょうが、ネギ」に小さいスプーンがついてきます」

これは、つまりザ大衆食のサイトに紹介の、「ゲロ飯」や「スタミナ奴」のたぐいだ。

オッタチドーフ通称「おったち」って名前は、「ゲロ」や「スタミナ」や、あるいは新宿の思い出横丁の「朝起ち(あさだち)」より、なかなか芸があって詩的でよいじゃないかと思うね。

しかし、このメールをくださったのは女性だ。なので、このように言う。
「よく食べましたが、注文するのがちょっと恥ずかしい。とはいえ、この名前はとても迫力があると思うのです。そんなわけで御紹介させていただきました」

残念ながら「ここは老夫婦がやっていたお店で今は引退され」たそうだ。

「戎」という店名は、もしかして、西荻の「戎」と関係でもあったのかと思い、おりかえしメールでたずねたら、「西荻の戎ののれん分けと言われていましたが、きちんと確認はしておりません。阿佐ヶ谷では『ホルモン』で通っていました」と。

念のためグーグルで「おったち豆腐」を検索してみたら、1件だけ「SWIM IT! 奥野景介のコーチング・ブログ」の「スタミナ!スタミナ!スタミナ!」 がヒットした。

「スタミナ系といえば、昔東伏見の駅前に「ホルモン」という居酒屋があったのですが、そこの「おったち豆腐」というのが絶品でした。豆腐、納豆、うずらの卵、そして削り節がミックス」とな。

いやあ、おもしろいなあ。おもしろい。

「おったち」は、地方によっては、「おれたち」のことでもあるらしい。
おったち、おったちが好き!
さあ、じめじめした梅雨をのりきり暑い夏を迎え撃つためにも、「おったちぶっかけめし」をやろう。

|

« よく動きよく飲み、クリック地獄三打 | トップページ | 地元でタップリ飲んだ翌日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/10465083

この記事へのトラックバック一覧です: おったち豆腐:

« よく動きよく飲み、クリック地獄三打 | トップページ | 地元でタップリ飲んだ翌日は »