« ビンボー出版「野菜炒め」考を掲載 | トップページ | ぼくのしょうらいのゆめ »

2006/07/23

リンク集の行方

おれがブログを書いているのは、一つは自分のためのメモということもあって、自分のためのメモなら何も公開する必要はないじゃないか、と言われるかも知れないが、インターネットというのは「これはオレの情報よ、知りたかったらオレの弟子になりなさい、オレの本を買いなさい」ともったいぶることで、たいした価値のない情報や知識を活字にして権威になろうという知的業界の習慣に対し、シロウトでも思いついたことをぶちまけておくと情報と知識の共有ですね、それを見てまた別の発想の飛躍があって逞しく美しく悲しい文化が成長していくかも知れない、そのあいだには誰かさんの情報や思いつきをパクッて自分の著作にしてしまおうという逞しく美しく悲しいことがあるかもしれないが、そういうセコイことはまあいいじゃないか、自分の拙い情報や知識や思いつきが出版業界を泳ぎ渡ることが上手な人たちの役に立てばよいじゃないか、お互いの手持ちをさらすことで、さらに逞しく美しい悲しく成長しようという純粋な穢れなき悪戯の夢のような、ヒジョーに逞しく美しく悲しいブログの在り方もあるように思う。しかし、モンダイは、そういうことで思いつくまま書きつらねていると、自分で書いたことなど、まったく忘れてしまうことだ。とくに、もう63歳になろうというトシだと、そして、いまもそうだが、酒が入って書いていることが多いオレなどは、とくにそうなのだ。

それで、ああだこうだ前置きが長くなったが、以前に「日本料理の謎」という当ブログ内のリンク集をつくって、これはいま、右サイドにあるカテゴリーの「リンク集」に加えたのだが、ほかにもつくりかけのリンク集があったはずなのだ。それは、やはり「日本料理の謎」と同じように、ザ大衆食のほうに1ページつくり、そこからリンクをはって、まだそのリンクが途中のはずで、続きをやろうと思うのだが、そのページがどうしても見つからない。そのタイトルすら思い出せない。ただ途中までしかリンクをはってないから続きをやらなくては、ということしか記憶にないのだ。これは酒のせいなのか、トシのせいなのか、それともそのテーマが忘れてもいいようなものにすぎなかったのか。しかし、あるはずのものが見つからないということは、困ったことだ。これじゃあ、やはりアナログ式にノートに記録しておくのが安全ということになるか。

|

« ビンボー出版「野菜炒め」考を掲載 | トップページ | ぼくのしょうらいのゆめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/11066017

この記事へのトラックバック一覧です: リンク集の行方 :

« ビンボー出版「野菜炒め」考を掲載 | トップページ | ぼくのしょうらいのゆめ »