« ワンカップ大関のお洒落な飲み方 | トップページ | ビンボー人は、どこへ行った »

2006/07/30

喫煙家は大事にしなくては、じつは、みなルーズなのだから

きのうは世田谷区をウロウロし、ついでに寄って行こうと、7時半ごろ経堂の太田尻家に着いた。まず、生ビール、そのあとは、池田候。

Ootajirike飲みながら考えた、太田尻家がよいのは、ルーズだからだな。空間もルーズにできているし、その空間に、またもやルーズな仲間が加わっていて、写真を撮ってきた。右側の上のほうから下がっている蛇腹の管だ。これは、煙草のケムリ排煙用に、家長がつくったものだ。いまや、店内禁煙が健全な飲食店であるような、そうすることが誇らしげな経営者が趨勢であるなかで、ここの家長はそうしない。そもそも家長が、煙草を吸うからね。もし吸わないなら違ったかも知れないが。しかし、この家長はルーズなのだ。考え方も身体の動きもルーズだし。

いつから、キビキビ凛々のタイトな仕事ぶりの職人風が正しいとされ「厳選」されるようになったのか。それは「産業化」と関係がありそうだ。産業化の効率重視は、ムダのないプロの仕事を奨励し、それはキビキビ凛々につながる。キビキビ凛々なタイトな考えとやり方がマンエンし、ルーズは悪とされた。

若い夫婦が入ってきて、おれが座っているカウンターの隣に、初めてだが、おれに軽く会釈をしながら、腰を下ろした。少ししてから、顔見知りの常連たちが最初に1人あとから2人、入ってきて、その向こうどなりに座った。この常連たちのうち2人は、煙草を吸う。こちら隣の若夫婦は、吸わない。そして彼らは喫煙禁煙の話題を始めた。もちろん喫煙家は煙草を吸いながら。そして店長がつくった、排煙用の管を試したりしながら。喫煙家のなかでも、1人は禁煙を考えているという。1人は絶対ムリだという。非喫煙家は、ムリにやめることはないのじゃないかという。そういう話をしている。そういう話ができるのだ。それは、よいことじゃないだろうか。ゼッタイ煙草はイケナイなんて頑張るより、スマートだし、大人の会話であるなあという感じだ。そして、そんな風に会話をできることは、いいことだし、それが人間としてムリのない状態なのではないか、と思った。それはまたルーズな空間だから可能なのだろう。

人間は産業用健康機械ではないのだから、十人十色なのだから、とくに持病でもないかぎり、あるいは持病があればさらに、キビキビ凛々を続けていたら、かえって壊れてしまう。ほんとうは、人間は、みなルーズな生きものなのさ。外ではキビキビ凛々を主張していても、誰も見ていない、ウチのなかでは、ぜったいルーズな姿をさらしていると思う。それが、外ズラでは、他人に対しては、お互いにタイトな評価を下しあい「厳選」しあい、弱点やミスを見つけては針小棒大に叩くだけの「辛口評論」などがよろこばれたりし、チマタには、チリひとつ許されないクリーンルームのようなムリな関係が生まれるのだ。

そういうことを気づかせてくれる喫煙家は、これから大事にしなくてはなあ。十人十色を尊重し気づかせてくれる空間は少なくなっているような気がする。

しかし、話は別だが、世田谷区という地域は、かなり変でオモシロイ。前から、それは感じていて、「世田谷区の研究」というのは、日本のイジョーを知る上で有効ではないかと思っていたが。あそこは、人口80万人をこえて、高知県や徳島県より人口が少し多くなった。それ自体、すごいイジョーのように思うが。

|

« ワンカップ大関のお洒落な飲み方 | トップページ | ビンボー人は、どこへ行った »

コメント

なるへそ。目の前で野糞してるのに、してないかの様に振る舞う精神ですね。

投稿: 吸う | 2006/08/01 01:40

やはり、あれですね、
野糞でもコンニチハの精神が、
よいのではないでしょうか。

投稿: エンテツ | 2006/07/31 21:59

これからの時代は吸う人も吸わない人もお互いへの心遣いが必要ですな。
吸う人にちょっとした心遣いがあると、吸わない人も気持ちよく「どうぞ吸ってください」と言えるもんですな。

まあ、煙草なんて屁みてえなもんでね、密室や飯喰ってる人の前で放りゃ、そりゃ迷惑だけど、場所をわきまえりゃそんな目くじら立てるほどのことじゃない。

と、「吸う」なのに吸わないおいらが言ってみる。

投稿: 吸う | 2006/07/31 16:55

mooさん、どーも。

銭湯が全面禁煙とは知りませんでした。でも、銭湯にせよ、どこにせよ、禁煙にしたほうが、管理者は管理しやすくなるし、コスト的にも有利なので、簡単に禁煙が普及してしまいますね。

喫煙家は、いまや絶滅危惧種として保護が必要なほどです。多額の税金を納めているのだから、その税金を保護に使うとよいのでは。

とにかく、近頃は、嫌煙家の不機嫌より、喫煙家の煙草の煙を選びたい気分です。イジメられながら吸っている姿は、美しい!

私の知人には、食関係の仕事をしながらヘビースモーカーは何人もいます。みな、優秀な仕事人です。

投稿: エンテツ | 2006/07/30 18:21

こんにちは。

喫煙家としてはありがたい記事です。
最近銭湯も全面禁煙になり、肩身が狭いもので。

でも合法で売ってるんだから、そんなにいじめなくてもいいのにと思います。
法律に違反してるわけでもないし。

僕の先輩が昔、禁煙してたことがあります。
で、他の人が「煙草やめるとごはんが美味しいでしょ」と言ったら先輩は「メシは前から美味かったよ」と答えて、すげえなこの人と思いました。
すごく美味そうにものを食べる人です。

投稿: moo | 2006/07/30 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/11151899

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙家は大事にしなくては、じつは、みなルーズなのだから :

« ワンカップ大関のお洒落な飲み方 | トップページ | ビンボー人は、どこへ行った »