« 書評のメルマガで茂木健一郎「食のクオリア」 | トップページ | 「四月と十月」の濃密 »

2006/12/11

ことし亡くなった人のブログ

6月2日に「たつ!さんこと、坂本達哉さんが急逝」を書いたが、その「たつ!」さんのブログは、まだそのまま残っているのだ。

最後は、5月27日「赤羽『大久保』」だ。写真もあって、文章は……

『大久保』行きました。

先ずは『ホッピー』貰ってショーケース覗き込むと「さつま揚げ」あるんで貰う。

相変わらず濃い焼酎(氷無しでジョッキ半分)と客筋(笑)

その後、「たまご焼き」と「煮込み」貰ってソト2ナカ4でした。

ナカ4っ目貰う時、おかあさん(はっちゃん)「お強いのね~」と云いながらナカと一緒にソトの栓抜いちゃった(笑) 「あっ間違えた」と云って、慌てて引っ込める。大久保でソトみっつは行ったらヤバスギでしょ(笑)

……と。
赤羽の大衆酒場「大久保」は、たつさんのようにゴツイ身体をした職人労働者が、力強く飲んでいる酒場だ。たつさんの一見ゴツイ身体からは、身体が丈夫でなかったとは想像できなかったが、38歳でトツゼン逝ってしまわれて、そして、このブログだけは、まだ「生きている」のだ。悲しい。

「TOKYO BREAKDOWN ブルース呑み喰い徒然」……クリック地獄

おれの、このブログのばあいは、フリーではなく、ニフティの会員仕様だから、おれが死んでサービス料金を払わなくなれば、なくなるんだろうな。Webサイトのほうも、なくなるな。べつに何かを残す気はないから、生きているあいだで十分だが。

本は残るというが、じつは残るとは限らない。いや、大部分は残らないだろう。本が残る意味は、読んでもらってこそだ。たとえば戦前に書きまくった有名流行作家でも、いまでは名前すら忘れられている。世の中どんどん変わり、どんどん価値観も変わる、ちょっと先の未来には、見向きもされなくなるほうが圧倒的に多いだろう。ちょっと前の「ベストセラー」なるものを考えてみればわかる。「第一級史料」といわれたものまで役に立たなくなる。ましてやメディア過剰生産時代だ、大部分は夢の島の底に眠るゴミのようなもの。

読まれているあいだに、誰かの記憶に、どれだけ、どう残るかなのだ。といっても、おれはムリヤリ記憶に残したいとは思わないが。こうやって書いていると誰かの記憶に残る。書いていなくても、ふつうに生活しているあいだに、誰かの記憶に残ることがある。その記憶の継続が「歴史」というものだろう。それを功名心や出世欲にはやる連中が、「文章」とかいうもので自分の好みのままに書き換える。それが「事実」ということになる。書いている者は、偉業をしているつもりかもしれないが、そうして残った歴史はろくなものではない。生きているあいだの記憶の関係が大事なのだ、その結果が歴史に反映されるなら、また歴史も意義あるものになるか。

せっかくなにがしかの記憶の関係ができた、たつ!さんのような若いひとが亡くなるのは、おれの歴史がまた短くなったことでもある。のかな? とにかく、いまおれは、こうしてたつ!さんの記憶を、歴史を、生きているわけだ。

|

« 書評のメルマガで茂木健一郎「食のクオリア」 | トップページ | 「四月と十月」の濃密 »

コメント

ま、なぜそこへ行くかという、
「気持」「思い」……、
詩的レベルの、
そういうことの「重なり」が、
文章から読みとれた、ってことでしょうね。

投稿: エンテツ | 2006/12/13 05:23

文体も重なっていたようにみえました。
どこそこのモツが美味いとか煮込みがどうだか居酒屋を制覇する類の呑み方ではなく、孤の充足を感じます。

だから中野の食堂で一杯やっている たつ!さんも居酒屋的でした。

吸うさんが信濃路でスタミナ奴食べている気持ちとも重なるのでしょうね。

投稿: スコッチエッグ♂ | 2006/12/13 03:16

ああ、重なるってのは文体がってことっすかね

まあ、どうでもいいや...ああ酔った...

投稿: 吸う | 2006/12/13 02:00

ああ、「重なる」って、
そういう意味じゃないと思うけどなあ。
ま、吸うさんは「先達」なんでしょうけど。

投稿: エンテツ | 2006/12/12 23:16

たつ!さんと交流のあった、おいらのブログに度々登場のA師の話によると、重なってたのは偶然じゃなく重ねてたようで。
おいらがよく行く酒場を宿題にしてたらしく、今度はあの店に行ってみたいってな話をしてたそうで、いつかはおいらとも一緒にってなことも言ってたらしいっすな。
それも今や叶わぬことで...

まあ、おいらもいつかはくたばるだろうけど、虎は死んで皮残す、呑兵衛は死んで借金残す?

さあ、では今宵も呑みに行きますか...

投稿: 吸う | 2006/12/12 21:46

あ、どーも。
たつさんも吸うさんも、
あそこが生活の一部でありリズムであり、
ほんとに好きだったのですね。
って、まだ吸うさんは生きているから、
「だった」じゃないけど。

投稿: エンテツ | 2006/12/12 19:23

ご無沙汰しております。
たつさんのブログは楽しみにしていました。
吸うさんのブログと重なる部分もありますよね。
ブルースのレコードも参考になりました。

投稿: スコッチエッグ♂ | 2006/12/12 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/13026872

この記事へのトラックバック一覧です: ことし亡くなった人のブログ:

« 書評のメルマガで茂木健一郎「食のクオリア」 | トップページ | 「四月と十月」の濃密 »