« 「社会科のための 食物文化誌」なんだが | トップページ | 渡辺和博さん逝く »

2007/02/06

伏木亨『コクと旨味の秘密』を読めば、おれの天才がワカル

きょうが締め切りだと思っていた「書評のメルマガ」の原稿は、きのうだったとわかり、おおあわてで書いて送った。

今回は、伏木亨さんの『コクと旨味の秘密』(新潮新書、2005年)。タイトルの通り、拙著『汁かけめし快食學』や、そのもとになった『ぶっかけめしの悦楽』のキーワード、「コク」と「ウマミ」を科学的に解剖し解説している。簡単に読めて、内容は、日本人のアイデンティティに関わる味覚の話だ。

おれは、この本が出る前に、コクとウマミを手がかりに、汁かけめしの歴史を発見し、そこにカレーライスを位置づけた。これは体験にもとづく論理的な作業で、まだ、とくにコクについては科学的な根拠はなかったころのことだ。

ああ、おれって、なんて天才なんだろうと思ってしまいましたね。

なぜかというと、おれがその体験にもとづく論理的作業としてまとめた、コクと汁かけめしとカレーライスに関する結論と、伏木さんがネズミの実験なども含めて出した科学的な結果は、基本的なところで、ほとんど重なるのだ。

で、国民食といわれるほど普及したカレーライスは、伝来のものではない、汁かけめしの料理にカレー粉を生かした調理だという、科学的な根拠が得られたことになる。めでたし、めでたし。

ま、このことは「書評のメルマガ」が配信になってから、詳しく書きましょう。

|

« 「社会科のための 食物文化誌」なんだが | トップページ | 渡辺和博さん逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/13811579

この記事へのトラックバック一覧です: 伏木亨『コクと旨味の秘密』を読めば、おれの天才がワカル:

« 「社会科のための 食物文化誌」なんだが | トップページ | 渡辺和博さん逝く »