« 新宿ション横で、どうにもとまらない話 | トップページ | おれは生きている! お前も生きている! »

2007/05/19

京都市右京区 だるまや食堂

このようなメールが届いていた。10数名しか入れない小さな食堂のようだが、サイトをつくって、しかも英語版も携帯サイトもあって、積極的に宣伝しようということだろう。大衆食堂の生き方も、さまざまになるにちがいない。たくましく力強く生き抜こうじゃないですか。

こんど京都へ行ったときは入ってみたいものだ……といいつつ、いつも行くと飲みすぎて、いろいろ教えてもらった食堂に寄らずに帰って来ることがおおく、行かねばならない食堂がどんどんたまっていくのだが。だから、いつまでも、京都へ行きたい行かねばならない理由が存在するわけでもある。

とにかく、みなさん、よろしく~

………

ザ大衆食 御中

初めまして。お世話になります。
だるまや食堂と申します。

当店このたびホームページを開設しまして、ぜひご覧いただきたくメール差し上げました。

380円定食約10種ほか、多数の定食・麺類・丼物を取りそろえております。遠方ではございますが、もし機会がありましたらお立ち寄りいただけると幸いに存じます。

なお、ホームページは英語版・携帯サイトもございます。
よろしくお願い申し上げます。

〒616-8016
京都市右京区龍安寺西ノ川町8番地
だるまや食堂

URL http://www.eonet.ne.jp/~darumaya-syokudo/

………

ところで「だるまや」といえば、ザ大衆食のサイトには西京区桂の串の店「だるま」を載せてある(クリック地獄)。この店と、この「だるまや食堂」は、なにか関係あるのだろうか。ないのだろうな。桂のだるまには、このあともいつだったかな?京都へ行ったときに寄って、べろんべろんに酔って正体をなくしてしまったのだが、ひげのマスターは元気にやっているだろうか。

ああ、こうやって書いていると、また京都へ行きたくなる。なにか仕事がないかね。でも、仕事だと、あまり酒飲めないしなあ。でも、ときには、あまり飲まずに、マジメに食堂めぐりをするのも悪くないか。でも、飲むのを自制した旅ってのもオモシロクナイし。ま、どうでもよい、とにかく、行きたい。


関係ないが、さきほど書いたことに関係。きのう入った、ション横の岐阜屋で、初めて気がついたが、あそこのシューマイは蒸すのではなく、麺をゆでるときのザルにいれて熱湯に入れて茹でるのだ。知らんかった。

|

« 新宿ション横で、どうにもとまらない話 | トップページ | おれは生きている! お前も生きている! »

コメント

ふつうなら外の皮がトロトロになるはずだとおもうのだが、しっかりしているんだよな。おれ、さっき帰りにスーパーで、チルドだがシューマイ買ってきたのだ。これで、明日ゆでてみる。研究熱心。

投稿: エンテツ | 2007/05/22 00:40

ああ、岐阜屋の焼売は冷凍してあるのを茹でるんすよ。
皮がぶにゃぶにゃになるのかと思いきや、そうでもない。

投稿: 吸う | 2007/05/21 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/15125333

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市右京区 だるまや食堂:

» 安くて美味しく学生の味方・だるまや食堂(竜安寺) [京都いい店はまる店]
OSASOI頂いていただるまや食堂さんに行ってきました.竜安寺の近く,というより... [続きを読む]

受信: 2007/06/04 22:53

« 新宿ション横で、どうにもとまらない話 | トップページ | おれは生きている! お前も生きている! »