« 「男と女」の話はね | トップページ | 「唐辛子」の味わい »

2007/05/17

頑張れ日本の農業ビジネス はすみふぁーむのアスパラガス

以前にも紹介したことある、「長野県に移住してワイナリー&ブリュワリ-を造りたい。 頑張れ日本の農業ビジネス&田舎暮らしを楽しもう!」というニック蓮見さんのメルマガ「第59回 はすみふぁ~むより、はたけだより」が届いていた。一部を紹介すると、こんな内容。

<<<<< 雹(ひょう)の直撃 >>>>>

もう本当にショックでした。

先週の木曜日は全国的に荒れた天気で、
各地で雷雨がふきあれると天気予報で言って
いましたが、まさか雹が降ってくるとは。。。。

全国的でもここ東信濃地区がたくさん降ったようです。

おかげでぶどうの葉はビリビリ、アスパラもポキポキ。

自然災害ですから怒ってもしかたないのですが、
何かやるせないです。

不幸中の幸いはまだ葉が出はじめた頃だったので、
被害がそんなにひどくなく、これからまだまだ新しい葉が
出てくるという事。

これが2年前のように6月に降ってきたりすると、
かなり参ってしまいます。

まあおこってしまった事をクヨクヨしても仕方ないので、
今後の災害があまりないように祈りつつ、今季を乗り切りたいと
思います。 

何事も前向きに考えないと農業なんてやってられないですよ(笑)


<<<<< アスパラ発送しています  >>>>>

とういうわけで霜にも負けず、雹にもめげず、
はすみふぁーむの採りたてアスパラガス、現在
日本各地に好評発送中です。

生で食べられるくらいの新鮮なアスパラガス。
ニックはグリルして軽く塩をふったり、バターで
炒めたりして食べるのがお気に入りです。

パスタに入れても美味しい、すり潰してポタージュに
入れても美味ですね。

ベーコンで巻いてもいいし、ピザの上にのせても。。。。

こんな感じで妄想はとまらない(笑)

はすみふぁーむでは収穫したばかりのアスパラガスを
そのままクール宅急便にて発送しています。 
収穫日の次の日に到着するので新鮮そのものです。
(九州、北海道その他の地域は翌々日着になります)

この機会に是非お試しくださいね。


……がんばっているねえ。応援したいねえ。

はすみふぁーむからは、巨峰を買ったことがあるけど、うまかった。きっとアスパラもうまいだろう。ほんと、そもそも、スーパーで売っているアスパラは、とてもとれたてとはいえないわけで、あのみずみずしさがない。

大都会の大衆は、なかなか新鮮なうまい野菜を安く食べられる機会がないのだけど、こういう直販通販を利用し、職場や近所の方と一緒に割り勘で試みるのもいいのではないかとおもう。そして、うまい野菜をたべてみながら、これまでの「農協農業」は、いったい大衆のために農業をやっていたのか、考えてみるのもよいかも。

とにかく、ま、よろしく~。
メルマガの読者にもなろう。

はすみふぁーむのブログ。長いタイトル。「長野県に移住してワイナリー&ブリュワリ-を造りたい。 頑張れ日本の農業ビジネス&田舎暮らしを楽しもう!」…クリック地獄


当ブログ関連
2006/09/07
「はすみふぁーむ」を応援するのは「地産地消」の精神に反するか?…クリック地獄
2005/10/06
長野県に移住してワイナリー&ブリュワリーをつくりたい、頑張れ日本の農業ビジネス…クリック地獄

|

« 「男と女」の話はね | トップページ | 「唐辛子」の味わい »

コメント

おれんところには、夜が明けると着く予定なのだ。
たのしみ。

投稿: エンテツ | 2007/05/22 00:37

私も先々週にアスパラを送ってもらって食べました。
アスパラの採れたて、ものすごくおいしかったです。あまりにおいしくて、2日間で、ひとりですごく大きいのを20本くらい食べちゃいました。
ここしばらく、スーパーのアスパラに魅力を感じなくて、困ってます。

投稿: まりりん | 2007/05/21 13:07

からすさん、どーも。

畑からとれたての野菜が食べられるなんて、ウラヤマシイ。アスパラ30年で、トウがたっても、とれたてならよいですよ。やはり野菜は「水分」がイノチですね。おれがいつも買い物するC級スーパーは、ひからびた野菜に水をふりかけて売っているようなアリサマで。

魚肉ソーセージの包装のミシン目は、いつごろ入ったか忘れたけど、メーカーによって、かなり差があったように思います。使用しているフィルムの材質も、メーカーによってちがって、ほんと、中身がべったりついてとれにくいのがありました。最近は、あの留め金が、ケガのもとだとか分別ゴミ収集に都合が悪いからやめろという消費者の声があって、一部のメーカーではなくす方向らしいです。留め金がなくなると、あの噛んでむく「芸当」も消えるかも。

投稿: エンテツ | 2007/05/18 08:36

 エンテツさん、こんばんは。

 同じ区内に住む我が母(昭和7年生まれ)は、自宅……つーのはわしの実家ですが……横の畑にて、ホソボソと野菜を作っておりまして、タマに実家に立ち寄っては、季節ごとにほうれん草や水菜や茄子や胡瓜や白菜や大根やオクラなど、畑からいただいて帰りますが、この畑に、「30年もの」というアスパラの株もありまして、先日、そこから20本ばかり引っこ抜いて帰りました。

 お母ン言うにはアスパラは、「長くとも20年」経ったら、株を「植え替えしたらんとあかん」とのことで、そのせいか、やや皮が筋張ってましたが、結構おいしくいただきました。

 ところで、「魚肉ソーセージ」ですが、今のヤツは、あまりそーゆーことないようですが、昔は、あの留め金を歯で食いちぎると、「切断線」とゆーんでしょうか?あの、下まで「つー」と繋がる、「線」も切れてしまって、そーなるともう、ビニールのフィルムを「剥く」こと叶わず、歯でもって中身をガシガシと「しがみ出す」しかなくて……
 あれは、とても「悔しい」ことでした……

投稿: からす | 2007/05/18 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/15101962

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ日本の農業ビジネス はすみふぁーむのアスパラガス:

« 「男と女」の話はね | トップページ | 「唐辛子」の味わい »