« ビンボーを背中にしょった不器用さ | トップページ | 頑張れ日本の農業ビジネス はすみふぁーむのアスパラガス »

2007/05/17

「男と女」の話はね

2007/05/11「「孤独のグルメ」の食べ方で復活「男と女」」、おもしろいから、「男と女」を続けろという声が若干ありますが、あれはね、酔っ払っていては書けないのですよ。あれを酔っ払っても書けるようになったら、おれは小説家だ。って、小説家だって、酔っては書かないか。

ま、だから、女にふられた話やら、たいがいの思いついたことを書くだけなら、酔っていくらでも書けるけど、「男と女」のあれは、イチオウ構成というか、いろいろ考えないと書けない。意地酒飲んだあとに、ただ指がキーを叩くままに書いているのとはちがうわけですよ。また書くつもりだけど。酔ってないときに。そーいうことです。

|

« ビンボーを背中にしょった不器用さ | トップページ | 頑張れ日本の農業ビジネス はすみふぁーむのアスパラガス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/15098890

この記事へのトラックバック一覧です: 「男と女」の話はね:

« ビンボーを背中にしょった不器用さ | トップページ | 頑張れ日本の農業ビジネス はすみふぁーむのアスパラガス »