« 批評精神のない食文化なんか腐った食品とおなじだ | トップページ | 酔っぱらいは何ひとつ学ばない »

2007/06/04

批評精神が泥酔状態の二日酔いだから

(追記)おれが好きで聴く落語家は、正雀と雲助と喜多八だよ。

きのうは、大宮まで仕事をしにきていた吸うさんと、5時にいづみやで待ち合わせて、よれよれになるほど飲んだ。やはり、覚えているといったけど、覚えていない。おかしいな、飲んでいるときは、覚えているつもりなんだけど。

いま昼12時半すぎ。まだ酒がぬけきってない。でも、やらねばならぬ。そして今夜も飲まねばならぬ。

もうオワリだね、きみの姿が小さくみえる……女のことじゃなく、マツオカセンセイのこと。やはりこれで幕引きだ。もうすぐみんな忘れるさ。おれは忘れない、女のこと。

おお、そうそう思い出したぞ。女にふられた。別れ。ぶっかけ。だ。キーワードね。覚えていたぞ。日暮里のいづみやにも、テーブル席があるのだった。

|

« 批評精神のない食文化なんか腐った食品とおなじだ | トップページ | 酔っぱらいは何ひとつ学ばない »

コメント

ああ、小上がりね、それはよいね。
ああ、たしかに、あそこのカウンターなら、そうだね。
ああ、キーワード、そういうのもあったかな。

投稿: エンテツ | 2007/06/05 08:03

ああ、日暮里のいずみやは「テーブル席」じゃあなくて小上がりの座敷ですよ。
まあ、座敷じゃなくても、あのせまい迎い合わせのカウンターなら、テーブル席のように向かいの人と十分会話ができますな。

キーワード
「トラックバック」「文化包丁」「赤線・青線」「野糞でもコンニチハ再考」

投稿: 吸う | 2007/06/04 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/15311708

この記事へのトラックバック一覧です: 批評精神が泥酔状態の二日酔いだから:

« 批評精神のない食文化なんか腐った食品とおなじだ | トップページ | 酔っぱらいは何ひとつ学ばない »