« 偉そうな旗手になりたいのか、楽しみたいのか | トップページ | タマネギとジャガイモ »

2007/06/14

朝酒と気候

ゆっくり読みすすんでいる『ロング・グッドバイ』(レイモンド・チャンドラー、村上春樹訳、早川書房)で、主人公の探偵フィリップ・マーロウが、こう思うことを述べる場面がある。

“ 私は午前中にはまず酒を飲まない。穏やかな南カリフォルニアの気候には不向きだ。代謝に時間がかかりすぎる。”

で、おれは、こう思った。そうかあ、するってえと、おれが朝から酒がすすむのは、ここ北浦和の気候のせいなのだな。……テナことを考えているから、余計に本が読みすすまないのだな。おまけに、そのことを、ここに書いたりしているし。

ついでに、清水俊二訳の早川文庫版の、そこを見た。

“ ふつうなら、午前中に酒を飲むことはほとんどなかった。南カリフォルニアの気候がおだやかすぎるからだ。新陳代謝がはげしくないのだ。”

おっと、こうしちゃいられない。

|

« 偉そうな旗手になりたいのか、楽しみたいのか | トップページ | タマネギとジャガイモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/15431720

この記事へのトラックバック一覧です: 朝酒と気候:

« 偉そうな旗手になりたいのか、楽しみたいのか | トップページ | タマネギとジャガイモ »