« 北九州市で平民のめしをくらう | トップページ | 北九州市折尾の高橋酒店角打ちに顔がほころぶの図 »

2007/07/23

食堂は観るものなのか。北九州市の食堂のある風景。

17_2_1まだ作業は始まったばかりなので、詳しいことは10月25日ごろまで待っていただかなくてはならない。予告という意味で、この一枚の画像。店名はボカシ入りにしたけど、この前に立ったときは、はあ~とタメイキがでましたね。むかって左側は海岸の倉庫街が続く。めしをくわなくても、この景色を観るだけでもよい。ググッとくる、血が騒ぐ、北九州の食堂を、お楽しみに。

|

« 北九州市で平民のめしをくらう | トップページ | 北九州市折尾の高橋酒店角打ちに顔がほころぶの図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北九州市で平民のめしをくらう | トップページ | 北九州市折尾の高橋酒店角打ちに顔がほころぶの図 »