« コロッケに関するアアダコウダ | トップページ | 「栄養料理の作方」の気になる関係ないこと »

2007/07/05

ガス×電気、そしてラードのこと

料理の熱源を個人史的にふりかえると、戦後のガキのころの薪のかまどと炭の七輪から始まる。かまどの前で煙に涙を流しながら火の番をやらされた。

つぎに電気コンロが入ってきたように思う。これを利用したガキのころの記憶はあまりないのだが、1962年上京して下宿一人暮らしを始めたとき、ウチにあった小さな電気コンロを持ってきて重宝した。下宿は共同炊事場のほか部屋では、電気以外の火気の使用を禁止されていたからだ。

電気コンロのあと石油コンロで、これはけっこう活躍した。とはいえ、かまども七輪も併用していたと思う。

プロパンガスと電気釜の普及で、まず薪のかまどがなくなった。七輪はあって、長い時間の煮物などのときは、これを利用していたように思う。まだプロパンガスは高かったのかもしれない。練炭や豆炭も、けっこう使われていた。豆炭は、主に暖房用だったが。上京してからは、ほとんどガスだった。

こんなことを思い出したのは、いま家庭の台所を舞台にガスと電気がしのぎを削っているらしい話を聞いたからだ。ほぼガスの独演場だったところへ、防災の有利、夜間低料金を利用しての給湯システムで、電気が普及したらしい。調理用具売り場を見ても、IH用調理器具がずいぶん増えているのでわかる。

どの熱源を選ぶかは、建物の建築時点で決まるから、ガス会社も電気会社も住宅メーカーの設計や設計事務所などを対象に営業を強化する。設計の関係者などを自社のショールームにある料理教室のようなところに招き、実際に料理を作って試食などしてもらう。

そのときは、比較が必要だから、ガス会社も電気会社も対抗する熱源を使っての料理を一緒に作って試食してもらう。とうぜんのことだが、ガス会社でやるときは電気で作ったものがまずく、電気会社でやるときは、その反対になる。

そこで調理するひとは、どう思っているのか、自分を雇っているほうを有利に扱っても、誰も文句はいえないだろう。むしろトウゼンとみる。「公平」を迫るようなことはしない。ガスで調理するひとはガスの普及のため、電気で調理するひとは電気を普及する立場であることぐらい承知で判断するのがフツウだろう。

ああ、酔っていないのに、なにを書きたいかわからなくなったぞ。

ようするに、それぞれ長所短所いいぶんがあるのだ。で、この件に関していえば、電気では困難な料理がある。詳しくしらないのでなんともいえないが、不可能ではないかと思われる。それは、中華鍋を使って「かえし」をする炒め料理だ。野菜炒めをうまくやるには、やはりガスでなければ。

で、おれがふと思ったことは、おれは賃貸生活をしているのだけど、いまのように木造の古いアパートに住んでいるうちはいいのだが、こういうアパートはその建築年数からして、どんどんなくなってきている。そして新しい賃貸用のアパートやマンションは、火災を警戒して電気を採用している例が増えているらしいのだ。

するとだよ、そこでだよ、おれは、野菜炒めがうまくできなくなったら困ったことだなあと思いながら、ところで、ちかごろはウチでもラードを使わなくなったし、そういえばスーパーでもラードを見かけないが、ラードはどうなったのだろうかと心配になり、あとで買い物に行ったときに売り場をたしかめ、チューブ入りがあったら一本買ってきておこうかと思ったのだった。

|

« コロッケに関するアアダコウダ | トップページ | 「栄養料理の作方」の気になる関係ないこと »

コメント

どーも、ハジメ男さま。
むかしは缶入りのラードを切らしたことなく、トンカツもちろんコロッケやフライもこれで揚げるとうまかったのですが。
いまや、このへんのD級スーパーにもオリーブオイルがドカンと陳列しているアリサマで、わが家でも、いつのまにかオリーブオイルがのさばっています。ああ。

>ところで、「特保」というのを一度先生に斬って
>いただきたい。

と申されても、ワタクシは藤沢周平の作品に登場するような剣客でもなし、はてさて。
ま、「特保」のたぐいなどは、食品だとは思っていないのですが、
栄養学と一緒にのさばる「機能主義」については、一度バッサリ斬ってみたいとは思っています。ま、そのうち、いずれ、たぶん。

投稿: エンテツ | 2007/07/06 00:21

遠藤様。

ラードは、焼き飯とか作るには、あるといいですね。

チューブのにゅるにゅる出てくるのが、
スーパーのアブラ売り場にひっそり並んでいます。
すみませんまだあって、というような感じです。

コレステロールがつきにくい、健康志向の「特保」指定
アブラは、やたら高価です。おまえアブラだろ、と
思います。

サラダ油というのも減りました。

ところで、「特保」というのを一度先生に斬って
いただきたい。

投稿: ハジメ男 | 2007/07/05 19:13

いやさ、近頃おれは高級なオリーブオイルしかつかわないが、低級のものたちがうまいうまいといっていたあのラードはどうなったかなあと、低級な生活をしていた昔をなつかしく思った、ということのなのさ。うふふふ。

投稿: エンテツ | 2007/07/05 19:12

おいら、安売りしてる豚バラのブロック肉から脂身そぎ取ってラード取りますよ。

残った赤身は下茹でしといて後に炒め物に、茹でたお湯は味付けしてスープに。

投稿: 吸う | 2007/07/05 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/15658934

この記事へのトラックバック一覧です: ガス×電気、そしてラードのこと:

« コロッケに関するアアダコウダ | トップページ | 「栄養料理の作方」の気になる関係ないこと »