« 木村衣有子さんの新刊「もうひとつ別の東京」は、木村さんらしいと思う | トップページ | アブナイ女2人と泥酔、電車乗り過ごす »

2007/08/18

ある大衆食堂で

Menu

このメニュー書きが目に止まったとき、そこはかとなく静かに胸がときめいた。そして、はやるココロをおさえながら、デジカメをかまえ、シャッターを切った。シャッターを切った、撮ったぞ、という感触が余韻として残った。

クライマックスというのは派手でにぎにぎしいものとはかぎらない。めずらしい特異なものとはかぎらない。派手でにぎにぎしい非日常やめずらしい特異なものにしかクライマックスをかんじられないとしたら、日々はじつにタイクツすぎるのではないだろうか。そんなタイクツから逃れるように趣味を求め特異を求め流行を追う日々は、がつがつあたふたあわただしいだけだ。しかも、そのあわただしさをクライマックスとかんちがいする。

日常的な、なんでもない風景のなかに、クライマックスはいくらでもある。それをキャチできるかどうかなのだ。そう思うことがある。

しかし、女ごころは、わからんねえ、キャッチなんかできないよ。わからんわからん、考えたくない、なりゆきなりゆき。考えたいような女、いるんですか。おれとかれは、焼酎をグィッとあおった。

|

« 木村衣有子さんの新刊「もうひとつ別の東京」は、木村さんらしいと思う | トップページ | アブナイ女2人と泥酔、電車乗り過ごす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木村衣有子さんの新刊「もうひとつ別の東京」は、木村さんらしいと思う | トップページ | アブナイ女2人と泥酔、電車乗り過ごす »