« 「くさった女」とな | トップページ | そして必死にも見える食堂の看板 »

2007/09/30

酒のツキアイ

二日酔い。きのうは、18時から御徒町の安い底辺居酒屋を二軒はしごして、身体をいためつけるような飲み方をしてしまった。それもまた、よきかな。

考えてみると、おれには、仕事やアソビ関係なく、酒飲むときだけのツキアイというのが、おおい。酒飲むとき以外のことは知らない。おれは、それでよいと思っている。いいじゃないの、シラフで仕事しているときがホントウの姿で、酒飲んでいるときはウソ、なんてことはないのだから。シラフで、よくウソをついたり、見栄ハッタリかけひき、いろいろやるじゃないか。おれは酒を飲んでいるときのほうが、ウソがないのではないかと思うことが、おおい。ま、ニンゲンは、それほど単純ではないとは思うのだが。

でも、シラフのときに、アレは酒飲んでいるときのことだから、と否定されることがある。すると、おれはカナシイ。そんなことされたら、おれの人生の大部分は否定されかねない。

酒以外の仕事やアソビでのツキアイがあるひとをうらやましく思わないことはないけど、でも酒のツキアイだけという結果であるにせよ、そんなに悪いものじゃないと思っている。

そもそも仕事やアソビのツキアイがあるひととは、その関係というか惰性で、飲む機会は自然に多くなりやすい、そちらに流れやすい。おれは、なるべく、そうならないように、飲み会をする。だいたい考えてもみなよ、仕事やアソビも一緒で、酒飲むときも同じニンゲンなんて。ツキアイじゃなくナレアイじゃないの。あるいは、仕事になる相手となら飲むという打算。でも、好きなひとなら、それでもよいのかな。ってことは、あっ、そうか。

とにかく、アレは酒飲んでいるときのことだから、といわれてしまうと、酒飲んでいるだけのツキアイの多いおれは、ボーゼンとするしかない。トツゼンこの世で孤立した状態におかれた気分になる。天をあおいで、ああ、と、ためいきでもついて。ま、孤独は嫌いじゃないから、耐えるのはカンタンだが、一抹のさびしさは残る。そもそも、ニンゲンとしてのツキアイのあいだに酒があると思って飲んでいるのに、アレは酒飲んでいるときのことだから、といわれたら、その時間のおれは、死んでいた、ということになる。ま、それも、いいか。おれは、そのていどの簡単に否定されうる軽い存在の飲兵衛にすぎないということは、そんなに悪くはないな。

とにかくおれは、酒飲んでいるときだって、そちらのほうが人間としてのツキアイをしているつもりだという、「信念」というほど大げさじゃないが、ま、そういう人生なのだ。それが否定されるなら、そりゃまあ、仕方のないことなのさ。って、なにをグダグダ書いているか、二日酔いのタワゴト。

ま、でも、酒飲んで酔っているときの話を本気にしては、本気にするほうがいけないのだな。本気にされたほうが可哀そうだもの。困るだろうことは、わかる。フツウは、そういうものなのだ。

そうそう、いま思い出したが、きのうの一軒目は、御徒町の安酒場で、広いのにパラパラとしか客がいない。おれたちだけは5人。おれのうしろに、おばさんというほどではないが、中年女性が2人で飲んでいた。18時に、おれが入ったときにはすでにいて、おれたちが9時半ごろ出るときにも、まだいた。その女たちが、誰か男のことを、「あいつはデリカシーがないの」「野蛮」とかいっているのを聞いて、おれのことをいわれているような気分だった。「おまえら、そんなにデリカシーのある紳士がいいのか!」と、思わず怒鳴りつけたくなる衝動をこらえながら飲んだので、悪酒になってしまったのだ。たぶん。

しかし、ミャンマーは、どうなっているのだ。あんな軍事政権が存続していること自体おかしい。アイツらは、あれをシラフでやっているのだ。

|

« 「くさった女」とな | トップページ | そして必死にも見える食堂の看板 »

コメント

>だっさい安い

あはは!学校指定のジャージみたいですな。

投稿: 吸う | 2007/10/01 13:13

「売れ残り」というのは、多く仕入れすぎたから売れ残った、ともいえるわけで、「悪い品だから」ということにはならないのだよね。やはり、ヨ○○ケみたいな店があるってのは、いいね。ああいう、個人商店が大きくなったようなチトいいかげんな大型店なら、歓迎したいな。

その直営店は、たぶん入ったことないかも知れない。こんど行って見よう。いまなんだか「だっさい安い居酒屋」に燃えている。大○○彦の正反対。

投稿: エンテツ | 2007/10/01 12:51

売れ残りと言われても納得のいく値段。ふふふ...
一軒目の並びにある某店はヨ○○ケの直営店で、おいらやおいらの兄貴が高校時代バイトしてたんすよね。鶏サラダとホッケの開きがオススメだったんすけど今はどうなのか...

投稿: 吸う | 2007/10/01 12:39

二軒目は、おれ単独の選択ではないけど、ま、御徒町ってところは、安そうに見えて高くつくところが多いから、正しい貧乏人らしく安く飲もうと思ったら、このへんに落ち着くということでしょうかね。しかし、まあ、二軒目、あそこのツマミ類は、やはりヨ○○ケの売れ残り品でしょうかね。悪い酒で、きのうは夕方まで頭痛が残った。

投稿: エンテツ | 2007/10/01 12:03

御徒町であの二軒を選択するとは、実に先生様らしくて笑ってしまった。
特に二軒目はうちの母ちゃんが昔、馴染み客だったもんで。ふはは!

投稿: 吸う | 2007/10/01 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「くさった女」とな | トップページ | そして必死にも見える食堂の看板 »