« 好事家的タワゴトからの脱出あるいは逃走。 | トップページ | 忙中朝昼酒のなかでアレコレと考えた。 »

2007/12/10

今月発行の書評のメルマガは、魚柄仁之助『魚柄の料理帖 人生、楽しく食べること』光文社文庫。

今日が締め切りだった、書評のメルマガ「食の本つまみぐい」の原稿を書いて送った。前回の料理研究家、瀬尾幸子さんは、料理は作ってなんぼのものじゃ、ぐちゃぐちゃ能書きたれてないで、冷凍食品でもインスタントでもいいから使って、とにかく作ることだ、自分がうまくて楽しければいいんだよ、という主張で、おれは激しく同意。今回も、チョットちがうが、その「系統」といえる。

過去掲載分の案内は、こちら……クリック地獄


しかし、年末って、なんでこんなにあわただしいの。12月が1月になるだけなのだから、なるべく来年にまわそうよ。と言ってもダメか。

|

« 好事家的タワゴトからの脱出あるいは逃走。 | トップページ | 忙中朝昼酒のなかでアレコレと考えた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好事家的タワゴトからの脱出あるいは逃走。 | トップページ | 忙中朝昼酒のなかでアレコレと考えた。 »