« 「ちかごろ口がおごってしまった」 | トップページ | 高岡さんのミカン。情熱のない世界に青年は住めるだろうか。 »

2007/12/17

東京低層生活の楽しみ。

2007/10/16「痛飲泥酔二日酔い心は晴れ、書評のメルマガ発行」のオトコからメールあり。おもしろいオトコだねえ。このオトコ、下町とかなんとかじゃなくて、とにかく東京低層生活に関係するところを、よく知っている。その日が初対面だったのだけど、安い飲食店や食べ物の話で盛り上がった。そのとき「理想のアジフライ」のことになり、「正三角形理論」に到達したのだった。ほかにもアタリメのことなど、かつてバカ安だったものアレコレについて、じつに話がよくあって「激論」し楽しかった。しかし、考えてみると、このオトコは、まだ40歳前なのだ。若いときから東京の低層で逞しく生き、いかにカネをかけないで飲み食いするか、貧乏生活を堪能してきたのだな。50円のつまみでビールを飲む、なんて、めったにやれないエンターテイメント、「酒とつまみ」のネタになりそうだ。

……………………………………
おせわになってます。
ブログ、ざっと読みました。おもしろいですね。遠藤さん、オリジナルの世界ができあがっていますね。
池袋清●の酒は本当にまずいですね。砂糖が入っているんじゃないですかね、あれ。一杯飲みきれなかった酒なんて考えてみればあれだけです。貴重な酒ですね。あそこには若いころ友達と毎日のように通い、人数分の50円の梅干しとビンビールだけで過ごした思い出の店なんです。
鳥●て鳥源でしたっけ。人肉の唐揚なんて書いてニンニクの唐揚をだまし売ってましたね。違う店ですかね。
私のことも書いていたのですね。爆笑しました。
……………………………………

ここにある、「清●」「鳥●」は、2007/12/09「とにかく飲んで、リスペクトなんか、あったもんじゃない。「酒とつまみ」10号発売!」に書いた店のこと。「鳥●」は鳥源という名前ではないが、その人肉の唐揚があるところで、店は当っている。

関連
2007/10/19「アジフライに関する無限的研究、中間発表」

|

« 「ちかごろ口がおごってしまった」 | トップページ | 高岡さんのミカン。情熱のない世界に青年は住めるだろうか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ちかごろ口がおごってしまった」 | トップページ | 高岡さんのミカン。情熱のない世界に青年は住めるだろうか。 »