« 「力仕事」は忙しい気分。 | トップページ | なにかが「街的」にチカチカしているのだが。 »

2008/01/31

大車輪呑み、わめぞ激励。「雲のうえ」6号発行、えっ5号はもう「在庫切れ」涙。

Kumonoue6大車輪のなか、きのうは木村衣有子さんと、木村さんの紹介で、関西における関東の『散歩の達人』に一番ちかいといわれる雑誌を発行する出版社のM女さんと、荻窪で18時半待ち合わせで呑み。

出かける前に、今日締切りの「観光」の原稿を、万が一の呑み倒れに備え、イチオウ仕上げておく。なにしろ木村さんとだから、どれぐらい呑んで、不倫にはしらないまでも、どういうことになるかわからない。

荻窪といえば、あそこだ。何度行っても名前おぼえない。だいたい看板があるのか。ビールから、ただちに燗酒大徳利。M女さん、20歳代だけど、ぐいぐい呑む。いやあ、頼もしい。うれしくて、どんどん呑む。話は、とっちらかり放題。そいえばおれ、いいアイデアを出したよな。ひとつは覚えているぞ。

木村さんがトツゼン、M女さんを古書現世の向井さんに紹介したいと言い出す。じゃあ、そのうち一緒に飲む機会をつくろうと言うと、木村さんは毅然キッパリ、「いえ、いまからでなくてはいけません」と言い、向井さんの携帯に電話をする。向井さんは、すでに池袋で飲んでいた、なんやら話しているうちに急遽そちらへ行くことに。じつは、木村さんが向井さんに会いたかったのではないかと思う。会いたがる若い人妻がいるなんて、向井さんがウラヤマシイ。おれの立場は、どうしてくれるんじゃい。

ってわけで、もう酔っている身体を、おれはどうせ帰り道だ、池袋に運ぶ。東通りの、飲み屋の名前忘れた(向井さんのブログを見たら〈世界の山ちゃん〉だった)、着くと、向井さんのほかに、名前は立石書店なのに早稲田に移ったイチローくん、ほか初めての男1人に女2人。男は、おおこのひとがかの有名な退屈男さんか、女は、おおこのひとがかの有名な武藤良子さんか、おおこのひとがかの有名な旅猫雑貨店の金子佳代子さんか。だった。つまりはわめぞの頭脳と手足。「わめぞ」はエライ。

わめぞブログ……クリック地獄

ま、とにかく、呑んだ。武藤さんと、ボタンのかけちがいについて話していたことは覚えている。おれは「ボタンのかけちがいなんか、あってもいいじゃないか、気にしない」派、なのだ。あとは、ほとんど覚えていない。帰りは、どうだったのかなあ。向井さんと木村さんと退屈男さんが、カラオケに入って行ったな。M女さんと池袋駅で別れたような気がする。

気がついたら朝の寝床だった。

ゆっくり書いてはいられない。大車輪中だ。さきほど、「観光」の原稿を見直して送った。どんなに呑んでも締切り守るおれ。えらいなあ。

そんな中、「雲のうえ」6号が届いた。特集は「街の劇場」。パラパラパラ。
写真は、久家靖秀さん。
おっ、大谷道子さん、「路傍の松」か。おれも北九州滞在中に泊まったホテルの前にある、「無法松之碑」。だけど、いま読んでいられない。
おお、石田千さんが書いているぞ。だけど、いま読んでいられない。
なぬなぬ、イッセー尾形さんも登場しているぞ。かっこいい写真。牧野さんと味のあるオシャベリ。だけど、いま読んでいられない。
「芝居は特殊なものじゃない。日常そのものが劇場。それに、この街は「つくる街」なんだから。」の見出し。そうだそうだ。だけど、いま読んでいられない。

最後のページ。「雲のうえ」1号「在庫切れ」、2号「在庫僅少」、3号「在庫僅少」、4号「在庫僅少」、
5号……「在庫切れ」、
えっ、もう在庫切れかよ、おれも数冊しかないから、50部ぐらい欲しいと思っていたのに。増刷、増刷、増刷……と叫んでもダメか。おれの書いたものは、出版社がつぶれるか、絶版にされちゃうか、在庫切れになってしまう。そりゃまあ、はやく「在庫切れ」になったのはうれしいことではあるけど。

どこかの出版社で、この「雲のうえ」の合本を出してくれたらいいのに。

とにかく、「雲のうえ」6号、よろしく~。はやく手に入れないと、みな在庫切れになっちゃうぞ。
無料。送料のみ。申し込みは、北九州市企画政策室にぎわいづくり企画課。……クリック地獄
「第6号は「北九州芸術劇場」を舞台にした「街とフィクション」の特集となっています。
 日夜上演されるさまざまなドラマ、訪れる人や働く人の表情を客席や舞台裏などさまざまな角度から眺めました。
 街のリアルな息遣いと、ドラマティックなフィクションが交錯する場所の醍醐味をお楽しみください。」っとな。

さあさあ、こうしちゃいられない、明日の呑みも参加したいし、そのためにも片付けなくてはならない大車輪。
身体、もつか。もつだろう、酒呑んでいるのだから。

|

« 「力仕事」は忙しい気分。 | トップページ | なにかが「街的」にチカチカしているのだが。 »

コメント

いやいや、年末に近くに行く予定があったんで青山ブックセンターに寄って持ってこよう思ってたんすけど、時間が合わずに閉店時間になってまして、そのままきっかけがなく年を越したってなワケで...

コピーありがとうございます。お礼にキモ酒一杯奢ります。

投稿: 吸う | 2008/02/01 20:55

手に入れる気なんかなかったくせに。

今月中に飲むときに、コピーしてあげる。

投稿: エンテツ | 2008/02/01 09:31

あ〜忘れてた。先生様渾身の「雲のうえ」5号、品切れっすか。
結局、手に入れられなかったな。

まあ、取りあえず、今月は月末まではヒマなんで、時間あったら呑みませう。

投稿: 吸う | 2008/02/01 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「力仕事」は忙しい気分。 | トップページ | なにかが「街的」にチカチカしているのだが。 »