« 「生活者重視」より「生活重視」でなければ。 | トップページ | 天下り規制以前のこと。 »

2008/01/15

酒の飲み方が足りないようだ。

「大量の酒を飲む者の常として、私は、ずっと下痢腹が続いていたのである。」と山口瞳さんも書いているし、「酒とつまみ」の大竹編集長も、軟便下痢便の話が得意だ。

おもふに、おれはあまり軟便下痢便がない。ふりかえっても、ひとに話せるほどのことは思い出せない。便の色は、ときどき変化するが、硬さや長さは、ほぼ一定しているし、その排泄に所要する時間も、ほぼ一定している。便は、きわめて素直に出て、小便と同じ時間ぐらいで、スポンと完璧に切れよく終わる。

酒飲みらしからぬ排便生活なのだ。まだまだ飲み方が足りないらしい。

|

« 「生活者重視」より「生活重視」でなければ。 | トップページ | 天下り規制以前のこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「生活者重視」より「生活重視」でなければ。 | トップページ | 天下り規制以前のこと。 »