« 「いのち=身体」の記号化とグルメの誕生。 | トップページ | 劇場社会…過剰な自意識と自己陶酔による「いのち」とグルメ。メモ。 »

2008/03/01

まいどのことだけど、楽しく呑み泥酔。

きのう。場末の酒場で19時開始の呑み。おれは早めの18時半に行くといっておいたら、シノさん、タカスさん、コンド(-ム)さんが揃う。ビールから呑み始める。あとから順番わすれたが、タノさん、クマさん、コンさん。

タカスさんとコンドさんとは、ひさしぶりに会うし、この呑み会では初めて。タカスさん、昨年末から入院手術だったそうだ。前回会ったのはいつだったか2年前ぐらいだと思うが、それから10キロやせたとのこと。ま、それでちょうどよい感じになったのだが、とにかく、酒が呑めるまで回復したのだからメデタシ。まだ若いことでもあるし、悪いところをとってしまえば元気になるのだな。

いつもの野暮ったい独身男ばかりなのだが、今回は平日だから、ほとんど職場から直接来ている。なかでもコンさんクマさんのばあい、濃紺スーツにシャツとネクタイのビシッとした、なかなかデキル男風ビジネススタイルで、いやあオドロキ。野暮ったいなんていえない。しかし、それで、なんで女にもてないのかと、やはりいってみたくなる。

この夜も、女は一人もいない。ああ、やっぱり逃げられるのか、今夜もまた女は一人も来ないのか、みなこいつらが悪いからだと思っていたら、21時半ごろ、選び抜かれた日本一のバカドモが集まる職場の仕事を終えた、女オッタチトウフさんがあらわれる。なんてったって、彼女はおれの愛人8号だから。

そのころまでに、もう焼酎のボトルを5本も、あけていたらしい。すごい呑み方だ。とにかく、ここは長居したから、ちがう酒場へ行こうと移動。二軒目はココと決めていた飲み屋は、閉まっていた。見たかんじ閉店のようだ。その近くにチムニー系の居酒屋ができていて、これにやられたのかもしれない。仕方ない、そのチムニー系居酒屋に入る。こちらは大混雑。気がつくと、コンドさんとクマさんはいなかった。そういえば、クマさんは、早朝一番のフライトで、「雲のうえ」の1号と5号を持って、北九州の角打ち&食堂めぐりのち福岡の実家に帰って来ると言っていた。

はて、2軒目は、ほとんど記憶がない。24時ごろまで呑んだのだろうか。終電ではなかったが、帰宅は25時をすぎていたのは確かだ。

1軒目は、いわゆる下町大衆酒場としては有名店。いつも混雑していたのだが、なんと、われわれグループのほかに、おなじ人数ぐらいの近くの職場のグループがいるだけで、100席近い店内はガラガラなのだ。はやい時間にはご常連さんがチラチラいたが、なんということだろう。金曜の夜だというのに。

メディアによる流行は、メディアによって波がひくように別の場所へ客は運ばれていく。この「有名店」にして、そういうことなのだろうか。下町大衆酒場に人情を「見物」にくる連中にかぎって人情がない。

今回は、けっこうクマさんと「おたく」の話ができて、よかった。いまちょうど、きのうのエントリーにも関係するが80年代以後の「おたく」が気になっていた。クマさんは、30チョイの歳で、まさに「おたく」なのだ。でも、おれが知っている、彼より一回りぐらい上の「おたく」たちと、かなりタイプがちがう。話していて、そのワケが少しわかったような気がした。

クマさんは大宮オークラで山崎邦紀監督作品も観ている。彼にいわせると山崎監督の作品、とくにあのフェチっぽいタッチは「おたく」がゼッタイよろこぶ、もっと「おたく」に見せるべきだと言っていた。

そうそう、このクマさん、コンマさん、タノさんは、その大宮オークラでも一緒で、打ち上げでも呑んだのだった。タノさんは、すっかりはまって、その一週間後の浜野監督の日も、さらに一週間後の浜野監督山崎脚本コンビの「百合祭」自主上映会まで付き合ったそうだ。しばし、その話にもなった。山崎監督も浜野監督も、35ミリフィルムでキチンと撮るひとだから、その映像は、なかなか見ごたえあるのだな。ピンクだろうが、どんな仕事のステージだろうが、やるべきことをキチンとやるということが、大切なんだよな。「百合祭」は、いわば「老人のセックスを笑うな」というものであるから、ぜひ観たいと思っている。

しかし、まいどのことながら、なかなか話題も豊富な楽しい呑みだった。この呑みは、ますますいい感じになっている。うまい「関係性」が育っている。

|

« 「いのち=身体」の記号化とグルメの誕生。 | トップページ | 劇場社会…過剰な自意識と自己陶酔による「いのち」とグルメ。メモ。 »

コメント

そうですね、ちょっとおもしろくなりそうなので、ゼヒ一緒の呑み会をやりましょう。たぶん土曜日、モンクシールさんの都合も考えると、また大宮いづみやあたりになると思いますが。

投稿: エンテツ | 2008/03/04 09:57

大宮の特集上映では有り難うございました。そう、タノさんは坂戸の城西短期大学の『百合祭』ビデオ上映会にも来てくれたのでした。この上映会には、6月にやはり浜野作品上映が予定されている鶴ヶ島市の市長さんが来ていたのですが、この人、エンテツさんとも気が合いそうな傑物ですよ。首都圏の市長にこんな人がいるとは思わなかった。
「オタク」の件ですが、クマさんとは逆に一回り上の世代の、自分はオタクだという自覚はあります。これまでフェチ一辺倒で、ヤマザキ組のピンク映画を作ってきました。今度エンテツさんたちの飲み会に参加して、フェチやオタクの話を存分にしたいですね。3度も足を運んでくれたタノさんや、ブログで記事を書いてくれたモンクシールさんともゆっくりお話したいです。

投稿: ヤマザキ | 2008/03/03 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「いのち=身体」の記号化とグルメの誕生。 | トップページ | 劇場社会…過剰な自意識と自己陶酔による「いのち」とグルメ。メモ。 »