« 「兵庫のおじさん」DVD発売祝呑み。そして一関、八戸。 | トップページ | きょうは「わめぞ」。 »

2008/04/04

「さびしい風」も「愉快な風」も。

2008/03/05「『BRUTUS』が食堂特集とな。」で引用させてもらった、「吹ク風ト、流ルル水ト。」というブログある。そのときは、どなたがやっているかわからなかったから、たいへんお世話になっている方のブログだとは知らなかった。そのあと、ちょっとしたことで気がついたのだが。

その4月3日のエントリーが「『ザ大衆食つまみぐい』──あれこれ」

「エンテツこと「遠藤哲夫さん」のブログ『ザ大衆食つまみぐい』に「オコトバ」という欄がある。」と、当ブログの←左サイドバーのいちばん上にある、江原恵さんの「オコトバ」から始めている。

そして、江原さん著作からいくつか引用されたのち、その江原さんのオコトバから「30数年の月日が流れ、ブログは通人の食通談議が満載である。」と、つぎのように書いて終わる。

 わたしは、これらの「食通談議ブログ」も「大切な命をありがたく頂きますブログ」
 も見ることはない。

 えっ、なぜエンテツのブログを見にいくのかって?
 つまり、ことばにした部分のすぐ横を「人生」というさびしい風が吹き抜けているの
 が見えるような気がする、からですよ。


おどろいた。それだけではない、これを見て、ある人からメールがあった、と、おれにメールがあったのだ。その「ある人」というのが、おれはまだ直接会ったことはないが、つながりがある。はてさて、どこでどうつながっているのか、なんだか「さびしい風」も「愉快な風」も一緒に吹き抜けているようで。おもしろい。こういうことがあると、酒もめしもうまくなる。

それはともかく、きょう4日のエントリー「花の季節に背中が寒くなることについて」でも江原さんの著書からの引用がある。こんなに江原さんが書いたことを上手に引用される方がいると、ほんと、うれしい。

で、おれは、おどろいたり、よろこんだりで、さっそく返事をした。しかし、このキッパリとした台詞には、しびれるなあ。ねえ。

 わたしは、これらの「食通談議ブログ」も「大切な命をありがたく頂きますブログ」
 も見ることはない。

|

« 「兵庫のおじさん」DVD発売祝呑み。そして一関、八戸。 | トップページ | きょうは「わめぞ」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「兵庫のおじさん」DVD発売祝呑み。そして一関、八戸。 | トップページ | きょうは「わめぞ」。 »