« 「わめぞ」酔ってくだんのごとし。 | トップページ | はてさて、わが実像と虚像、いやただの酔態。 »

2008/04/06

ことばにした部分のすぐ横を「人生」というさびしい風が吹き抜けているのが見えるような気がする

ぼんやりふわふわ状態のまま夕方になる。先ほど書いたエントリーに書き足す。

2008/04/04「「さびしい風」も「愉快な風」も。」に紹介した、

 えっ、なぜエンテツのブログを見にいくのかって?
 つまり、ことばにした部分のすぐ横を「人生」というさびしい風が吹き抜けているの
 が見えるような気がする、からですよ。

のタイトルにあげた部分が、肉体にしみいる。祭りのあとのせいなのか、酒のせいなのか、散った想いのせいなのか。

だけど、腹はすき、夕めしのことを考える。

|

« 「わめぞ」酔ってくだんのごとし。 | トップページ | はてさて、わが実像と虚像、いやただの酔態。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「わめぞ」酔ってくだんのごとし。 | トップページ | はてさて、わが実像と虚像、いやただの酔態。 »