« わめぞ月の湯古本まつり、大竹聡さんとのトークショーを掲載。 | トップページ | 酒のほかは趣味もなし、新宿「石の家」経堂「大田尻家」。 »

2008/05/18

「町感」、いい加減、いいねえ。

きのう届いた『dankaiパンチ』6月号(飛鳥新社、本日発売)をチラッと見たら、こんな会話があった。……


森永博志 池波正太郎より田中小実昌だよなーって思った。

立川直樹 池波正太郎は嫌いじゃないけど、なんか文豪感ってあるじゃない。町の人とは、ちょっと違う。

森永博志 どっか高踏ですね。僕ら、もっと「町感」がないとダメなんだね。それも日本橋とか深川とか根津じゃなくて、もっといい加減な町が好きなのね。蒲田とかね。


……んなことで、きょうは、これまで。

とかく、グルメな話ってのは、料理のことでも、大衆食堂や大衆酒場や立ち飲みあたりのことでも、高踏でタイトで肩肘張って、「文化的」な「アート」な、リッパな能書きたれて、笑っちゃうよ。「町感」も「生活感」も「いい加減感」も欠ける。


では、きのうに続き、ゆる~い、そこはかとなく「いい加減感」がただよう、こんな画像で。コメディ・ライターあんどプロデューサーの須田泰成さんです。
Wamezo_tukinoyu_suda

|

« わめぞ月の湯古本まつり、大竹聡さんとのトークショーを掲載。 | トップページ | 酒のほかは趣味もなし、新宿「石の家」経堂「大田尻家」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わめぞ月の湯古本まつり、大竹聡さんとのトークショーを掲載。 | トップページ | 酒のほかは趣味もなし、新宿「石の家」経堂「大田尻家」。 »