« 『city&life』美味しいまちづくり、岩手県一関、青森県八戸。 | トップページ | きょうは、小諸の揚羽屋のオヤジの命日。 »

2008/06/26

中野で決算新規まさかの偶然。やや酩酊。

きのうのこと。いろいろあったが、とにかく、中野駅18時半。WGの飲ミーティング、決算を見る日。どうせなら、来月早々にオープンの、旅人のためのインフォメーションカフェやどやの現場が見られる日にということで、この日になった。

ピンクゾーンの裏通りのおんぼろビルだろうと思っていたら、そうではない。中野駅南口から五差路に出る手前の大通りに面した、大きなビルだった。その二階。しかも思っていたより、厨房も含め広い。すでに客用のインターネットもつかえるようになっていて、うーむ、これはおもしろくなりそうだ。中野に引っ越したい。

まもなく2時。眠いから簡単に書いておこう。

近くの駒忠へ。さっそく乾杯して決算書を見る。トータルには問題ないが、成長している最中なので、課題はなくはない。そのへんの話をまりりんに聞いていると、まりりんの先に見えている勘定カウンターに立った男の客2人のうちの1人が見たことある顔。だけど、彼は仙台にいるはずだ。似ているだけの人違いかと考えていると、まりりんの話に身が入らない。むこうは勘定して出るところだ、気になるので立って行き声をかける。おおっ、相手も、おどろく。まさか、なんで、こんなところで。何年ぶりだ、10年はたっていないか。

でも、こっちは大事な話しがあるから一緒に飲めない。またの機会ということで。

トシさんが帰る時間になって帰り。まりりんが、おれに渡す屋久島みやげを取りに帰るというので、アボチョイで待つことにして、ボスと先にそこへ。まりりんが持ってきた土産、たっぷり。焼酎の三岳、黒こうじ屋久の島、とこぶし、なんとかという柑のジュース。23時半ごろ、その土産を担いで、お先に失礼する。

ま、これからの展開についても話したのだが。この、ヒナから成鳥になる前までのあいだの運びが、けっこう経営的には難しいんだよな。ひきしめて、これからも「屋台経営精神」でいこう。

ま、とにかく、念願の第一歩、インフォメーションカフェの開業にこぎつけた、めでたし。

とりあえず、無事に帰り着きました。とさ。

勝つ前に負けない、ヤミ市屋台かつぎや的スモールビジネスの精神。

|

« 『city&life』美味しいまちづくり、岩手県一関、青森県八戸。 | トップページ | きょうは、小諸の揚羽屋のオヤジの命日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『city&life』美味しいまちづくり、岩手県一関、青森県八戸。 | トップページ | きょうは、小諸の揚羽屋のオヤジの命日。 »