« あのさ、「赤キャップ」と「純」なんだけど。 | トップページ | 「今日の一貫」さん、も、必読。 »

2008/07/29

「消化」と「昇華」の続き。よくぞ「民衆病院」。

2008/07/28「ベタはよくないし、「消化」も「昇華」も、ちょうどよく、いきたいが。」に関連していそうなことを以前に書いたような気がして、ブログ内を検索してみた。イザ、調べようとすると、テキトウに書きなぐっているだけだし、カテゴライズなんかあまり好きじゃないから、これまたテキトウで、なかなかそれらしいのが見つからない。

2008/05/24「水族館劇場、白骨島スペクタクルに驚愕。」に、関係なきにしもあらず、という感じのことを書いているので、忘れないように、ここに転載しておく。と、こう書いて、またどうせ忘れるのだろうが、少なくとも、しばらくは「消化」と「昇華」のキーワードで検索できるわけだ。

……………………………………………………

たぶん、この芝居は、芝居や表現の専門家風の鑑賞、つまり仔細に演技や発声などの表現の一つ一つをチェックし、その完成度を、似非グルメが料理に星をつけて採点するように鑑賞するなら、あまりよい得点は得られないのではないかと思う。だけど、ちかごろの、そうした表現者のための表現のようなものは、「究極の完成度を求めて」生活の現実から逸脱しすぎたオシャベリ、おしゃれで上手で如才ない生き方のようで、まったくつまらない。

セオリーどおりの表現は、写真だろうとイラストだろうと文章だろうと、どんなに完成度を高めても、無難に行きつくだけだろう。そういうのが、ちかごろは多すぎる。

現実をえぐったもの、場所の物語を伝えよう、考えようとするなら、表現上の技術的な完成度は、そこそこのほうがよい。高い完成度は、思考の自由やエネルギーを奪うからだ。もっとも、完成度を知ったうえで、それを一歩か数歩か数十歩か手前で抑えたり崩したりしながまとめきるのは、至難のワザだが、そういうチャレンジは必要におもう。ちかごろ、そんなことを強く思うことが多かったので、この芝居は、とてもよかった。考えてみれば、少なくともおれは、表現の完成度を求めて芝居を見に行っているのではない。

……………………………………………………

もう一つ、関係ありそうなこと。今月のなかごろ、ある女と、こんなメールのやりとりをしている。やはり忘れないように、簡単にまとめてメモしておく。これはクウネルの本『私の作る郷土料理』をめぐってのことだ。

おれは、こう書いている。「そりゃそうと、あのお借りした本ですが、たいへんよいですね。というのも、ああいう「郷土料理」の本というのは、神棚に飾って拝むようなものが多いので、激しく偏見し手にも取らないし、この本もお借りしなかったら、きっと読まないままだったと思います。この本は、生活に対する視線があふれていて、それが本来なんだろうけど、とてもよかったです。というわけで、この本を買うことにしました。」

それに対する彼女の返事。簡単明瞭。「『私の作る郷土料理』はクウネルの底力というのか、へんにいい話に昇華させすぎていないのがいいのでしょうか。」


おれは、ナルホドと思った。

ま、それぞれ、微妙にちがう話だけど、微妙に関係していそうだ。

近頃とくに気になるのは、「ナチュラル」「シンプル」を謳うようなものまで、ほらどうだ「ナチュラル」、ほらどうだ「シンプル」、ほらどうだ「エコ」、ほらどうだ「地球に優しく」、ほらどうだ「癒し」、ほらどうだ、いい話だろうカッコイイだろう、ってなかんじをベタベタに表現するのが多いような気がする。

まるで空白をなくすようにベタ、「ナチュラル」「シンプル」「エコ」……で、文章もデザインも飾り立てる。そりゃ、ちがうだろうと思うのだが、ま、なんでもハヤリということになると、そうなんだろう。「ナチュラル・スノッブ」「シンプル・スノッブ」とでもいうか。ようするに「へんにいい話に昇華させすぎて」いて、クサイのだ。

Ooi03

ところで、郷愁ベタベタの「レトロ・スノッブ」なんてのもありそうだが、先日の大井競馬場のコレには、けっこうおどろいたというか、「よくぞ」と思った。

古いメインスタンドのとなりには、モダンな豪華VIPなスタンドが建っているが、古いほうの100円だけの入場料ですむメインスタンドの階段の「壁画」だ。そもそもこの建物は、こんな絵などなくても「レトロ」であるのだけど、「せんたく屋」の右側の電柱広告が「民衆病院」だ。この病院は直接しらないが、こういう「民衆病院」の電柱広告は、千住は北千住駅の東口から近いところにあった。おれは写真に撮っている。たぶん1996年頃と思われる。その後、そのあたりはかなり変ったので、いまでもあるかどうかは、わからない。

Ooi05

とにかく、「民衆病院」の電柱広告がある絵におどろいた。さすが民衆の大井競馬場だ。どうせ「昭和レトロ」をやるなら、これぐらい「民衆」と「大衆」で、ベタベタにせまってほしい。いやあ、この「壁画」はよいですねえ。オシャレなスノッブとはちがいますね。「へんにいい話に昇華させすぎて」いませんよ。便所マークもね。

Ooi04


|

« あのさ、「赤キャップ」と「純」なんだけど。 | トップページ | 「今日の一貫」さん、も、必読。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あのさ、「赤キャップ」と「純」なんだけど。 | トップページ | 「今日の一貫」さん、も、必読。 »