« 北九州の気になるカラーのフシギ、不思議。 | トップページ | 百姓になって3年、毎日出荷の休日なし愛媛・西条市「有機菜園 藤田家族」。 »

2008/09/16

愛媛・西条市。百姓になって3年の「有機菜園 藤田家族」。

08_hujita_san東京の実力ある出版社で編集者をしていた藤田敏さんが百姓になったことは、以前に書いた。9月8日、北九州で仕事を終えたあと、その地、愛媛県西条市の藤田家族を訪ねた。

その朝、ホテルを出るときも、小倉駅に着いてからも、行き先は決まっていなかった。とにかくまっすぐは帰らないということだけはハッキリしていた。そうだ、藤田さんのところへ行くのはどうだろうかとおもい、切符売場で時刻表を調べた。すると、9時半ごろの新幹線に乗れば、岡山乗換えで、13時10分ごろに予讃線伊予西条駅に着くのがわかった。なーんだ、意外に簡単だ。

藤田さんに電話をすると、晴れて百姓の野良仕事日和だったが、朝のためもあってかつかまった。「いまから行くけど、よいか?」、押しかけ訪問だ。

そして、藤田さんと、たぶん4年か5年ぶりぐらいに再会した。

…という話を書きたいのだが、チトあわただしい。
とりあえず、ザ大衆食のサイトに「四国は愛媛県・西条市 加茂川の河川敷で「いもたき」」を掲載してある。そちらをご覧ください。「いもたき」会場のようす、そのとき初めてたべた乾麺の中華めん、西条の特徴などの画像もある。…クリック地獄

着いた当日、トツゼンの訪問にも関わらず、市役所の就農や援農を支援する、藤田さんがお世話になっている若い仲間のみなさんも一緒に、河原で「いもたき」をやりながら飲みかつ歓談する機会をもうけてもらった。藤田さんやみなさんの話は、とても勉強になった。

むかしからの農家や、脱サラして農業に就いた、おれの知り合いのなかで、藤田さんのところが、イチバン気候的風土的にめぐまれているようにおもえた。だけど、それはそれで悩みの種にもなるのだな。ただ、自家用中心に田舎ぐらし農業をやりたいというひとにとっては、その条件は、いいだけかもしれない。となれば「楽農都市」建設も夢ではないかもしれない。

自家用とはちがい、田畑8反を経営する、面積的には立派な農家の「藤田家族」。3年がすぎ、これからが正念場のようだが、たのしみだ。

奥さんにも、2人のお子さんのうちの1人にも、初めて会った。
藤田さんは、土に鍛えられた手をしていたが、どことなく、身体から都会の編集者の空気が漂っていた。あるいは、これからの農業者には、そういうひとも必要なような気がする。農業も、ファンキーな経営者が必要なのだ。

08_hujita_ie_2

藤田さんのブログ「38歳からの百姓志願~実践編」には、すでに「エンテツさん、西条上陸! 」のエントリーがある。…クリック地獄

続きは、ここに書き足すか、あらたにエントリーをたてるかします。

|

« 北九州の気になるカラーのフシギ、不思議。 | トップページ | 百姓になって3年、毎日出荷の休日なし愛媛・西条市「有機菜園 藤田家族」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北九州の気になるカラーのフシギ、不思議。 | トップページ | 百姓になって3年、毎日出荷の休日なし愛媛・西条市「有機菜園 藤田家族」。 »