« 「月刊KiTAN」には、東陽片岡さんも山﨑邦紀さんも。 | トップページ | 抵抗食。 »

2008/12/14

大竹聡『もう一杯!!』と「いまこそ泥酔を!」。泥酔な日、泥酔教は続くか?

Ootake_008何度か告知したように、きのうは、下北沢の須田泰成さんのスローコメディファクトリー=スロコメで生トークだった。

出かけようという直前、宅急便。あけると、これだ、ついに出た、待望の一冊。大竹聡さんの『もう一杯!! 『酒つま』編集長大竹聡のチャランポラン酒場歩き』(産業編集センター)。しかも牧野伊三夫さんが、装丁に挿絵。これ以上望むべくもないベストで泥酔な組み合わせ。たしか去年のいまごろ、この本が出る話は、大竹さんと牧野さんに聞いていた。そうそう、牧野さんの個展のオープニングの日、飲み会で誰かさんが担当編集女史をイジメ泣かせて、大竹さんがタクシーで送って帰った。なーんていうこともあったんじゃなかったかな?ま、涙をこえて、無事にできて、よかった。しかも、すばらしい出来。

電車のなかでパラパラ見た。おれなんかの文章とはちがって、時間をかけて、ていねいに練りあげられた文章。上手な噺家の語りのような文章。そうですねえ、瀬尾幸子さんの温かいおいしいおでんを食べながら燗酒を飲むような(ということをやったことはないけど)、そんな感じの文章。エッセイのような私小説、あるいは私小説のようなエッセイ。そのあたりは、文体と方法はかなりちがうけど、木村衣有子さんの作品にも共通するものがありそうだ。とにかく、なんか賞をもらえそうな文章。そして、酒場のデータもちゃんとついているから、「酒場本」でもある。

そういえば、牧野伊三夫さんの酒場本も、もう書店に並んでいるようだ。『今宵も酒場部』のタイトル、集英社。買って見てから紹介しよう。牧野さんからの電話では、話のなかにおれが登場するらしい。おれが釜石の呑べえ横丁で酔って、ほかの酔っぱらいと路上で「理解フノー」を叫んだ。その「理解フノー」が、牧野編集長の『四月と十月』で連載のタイトルになったという因縁がある。

Surokome_004さてそれで、5時オープンで6時スタートの生トークのほうだが、ご来場のみなさんありがとうございました。ほんとに、くだらない話を聞きに来ていただいて、うれしかったです。

幸か不幸か、知り合いの方ばかり。飲み人の会系、タノさん、シノさん、マリさん、コンさん。中原さん系から代表して佐野太朗さん、と奥さんは初対面、八木美楠子さん。『酒とつまみ』を代表して、酒つまの頭脳、渡邉和彦さん。ついでに、ついに、テキトウだった「酒とつまみ」は、株式会社酒とつまみ社を設立、なべさんが代表取締役に。ということは今度から、いつ12号が出るかはわからんが、酒とつまみ社発行ってことになるんだな。ファンキーな会社が、また一つできたわけだ。めでたい、めでたい。祝酒とつまみ社設立トークライブを、スロコメでやる必要があるのじゃあるまいか。

京阪神エルマガの白井いち恵さん、森本肉姫さん。それから、引っ越したばかりで時間はないだろうと諦めていた、岩手から帰還したサキさんと木村衣有子さん。それから、まったく予想していなかった、なんと、『四月と十月』古墳部長のスソアキコさん、久家靖秀さんも!恐縮恐縮。スソさんに「牧野さんや瀬尾さんには連絡してあるんでしょ」といわれたが、今回はブログに告知しただけで、誰にも連絡してない。じゃ、瀬尾さんは近いから電話してみよう。瀬尾さんは、おでんを煮ていた最中だったらしいが、火を止めて駆けつけてくれた。

開始まぎわに焼酎を、オンザロックでグビグビ飲み、さらにホッピー、トークが始まったときには、ゴキゲンゴキゲン状態で、もう、いつものことだけど、思いつくまま、口からでまかせ。本来は「泥酔論 いまこそ泥酔を! ~100年に一度の経済危機を笑って乗り切る方法~」だったが大逸脱、「泥酔教」を始めることに。自分で言い出して(そんなバカは、誰もいわない)、その気になって、こんどは、もっとちゃんとフマジメに考え、連絡もちゃんとやって、泥酔教生トークをやりたいと思う。

トークが終わったころには、もう泥酔状態。カウンターで瀬尾さんと何の話しをしていたかは記憶にないが話しこんでいたのは覚えている。なにしろ、酔っているうえに、終電が早いから、みなさんとちゃんと話をしないうちにアワテテ帰って来てしまった。すみません。ありがとうございました。みなさんと会えただけでも、いい忘年会になりました。

けっきょく、宇都宮線の終電は逃し、大宮からタクシー。

トークが終わったあと入店された方を須田さんに紹介された。シンガーソングライターの潮見佳世乃さん、フォトグラファーの尾崎たまきさん、『博多とロック』の著者MARUさん。

午後2時をすぎているが、まだ脳の中にアルコールがひたひたしている感じ。あとで書き足すかもしれない。

はたして、泥酔教は続くか?

(15日追記)スロコメ日記には、大スキャンダル大嫉妬の嵐にまきこまれそうな、おれと瀬尾さんの画像。まったく記憶にない。さらに、次回のトークは2月という告知が。まだやるのか泥酔教。しかし、この画像、いい雰囲気だなあ。次回は、どんな女性と、こういう写真が撮れるのだろうか。泥酔は楽しい……クリック地獄

|

« 「月刊KiTAN」には、東陽片岡さんも山﨑邦紀さんも。 | トップページ | 抵抗食。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「月刊KiTAN」には、東陽片岡さんも山﨑邦紀さんも。 | トップページ | 抵抗食。 »