« おやじとおやじめしに関する復習あるいは詮索。 | トップページ | 資料の整理がつかず、もつれた糸のなかにいるようだ。おれの人生は、そんなものかも知れない。 »

2009/06/10

6月25日発売直前予告、ミーツ・リージョナル別冊『酒場の本』。

Meets_sakaba001_2

校了間近「ただいま怒濤の校正まっただ中でございます」というメールと共に、表紙とイントロの一部のPDF版が届いた。好調快調の4月3日発売『東京ひとりめし』に続き、「エンテツのめし屋酒のススメ」で6ページにわたって登場の『酒場の本』、これで税込み700円とは安い。どーか、よろしくお願いします。大竹聡さんも、『東京ひとりめし』に続き登場です。

Meets_sakaba002

いつも、なにかやってくれる、ミーツ・ドキュメンタリー。イントロの一部を読んでもらえばおわかりいただけるだろう、ミーツならではの「いま」の街場の酒をとらえた、これまでにない切り口が楽しい酒場本。おれは、大阪、神戸、京都のめし屋で飲みながら、「めし屋酒のココロ」を書いている。関西人ならずとも手にしてほしい1冊。

関連。
2009/05/31
よくがんばった2週間、「日本で一番精力的な65歳」?
2009/05/16
大阪、神戸、京都、三都めし酒物語。

|

« おやじとおやじめしに関する復習あるいは詮索。 | トップページ | 資料の整理がつかず、もつれた糸のなかにいるようだ。おれの人生は、そんなものかも知れない。 »

コメント

どーも、たびたびありがとうございます。

【大衆食と「普通にうまい」】は、
おれの基本なので、読んでいただけて、
たいへんうれしいです。

さらにまた、よろしくお願いします。

投稿: エンテツ | 2009/06/12 11:52

エンテツさん


さっそくお返事ありがとうございます。

件の女性もさっそくお買い上げいただいたそうです。
あれはほんと必読!だと思ったし、ビジネス抜きで
純粋に読み物としてもすごくおもしろかったので~。

よかった。

必読といえば、左側の
【大衆食と「普通にうまい」】を遅ればせながら
拝読し……、ますますシンパシーを感じた次第です。

『東京ひとりめし』のコラムもそうでしたが、
うんうん!そうだそうだ!と頷きつつ読む私。

我が意を得たりな文章ばかりで嬉しくなりました。

先日映画をご一緒できてよかったな。
あの日、心の距離がぐんと近づいた気がします。

あらためて……感謝です。

長文にて失礼いたしました。

投稿: ナオコ | 2009/06/12 08:03

ナオコさま

どーも、ありがとうございます。
たしかに、飲食店の方にとっては、
ビジネスヒントになりそうですね。

『東京ひとりめし』の売れ行きは好調ですが、
まだ知らないひとのほうが多いとおもいますから、
大いに宣伝、よろしく~。

『酒場の本』は、関西の店ばかりですが、
いまどきの酒場のつかいかた、といった内容でもあり、
見るだけでも楽しいと思います。
こちらも、よろしく~。

投稿: エンテツ | 2009/06/12 06:09

遅ればせながら今更ながら、
このブログをきっかけに、
『東京ひとりめし』を購入、
拝読しました。

めちゃくちゃ読み応えありです。
飲み屋さんだけかと思ったら、純然たる
カフェの紹介もたくさんあって。
すごくためになる!

近々カフェをオープン予定の女子にも
教えてあげることにしました。ビジネスの
ヒントがいっぱいあると思います。

『酒場の本』も楽しみにしています。

投稿: ナオコ | 2009/06/11 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おやじとおやじめしに関する復習あるいは詮索。 | トップページ | 資料の整理がつかず、もつれた糸のなかにいるようだ。おれの人生は、そんなものかも知れない。 »