« 観音崎[NPO手火山]の招きで「カレーライスとねこまんま」を語る。 | トップページ | 御前崎の御前崎の民宿と鰹節とナマリと熱いシルバーたち。 »

2009/09/14

26日のスロコメ「泥酔論」と「酒とつまみ」12号発刊の動向。

001

え~、ひさしぶりに、やや酔いどれ深夜便で、あります。

「実は、「泥酔論」、経堂の30代を中心とした女子の間で、おもしろいらしいという話が広がっているのです」というメールがあった。

経堂の30代を中心とした女子! サイコーじゃないか、おれも好きだよ~、めちゃくちゃ好きだよ~。いや、経堂でなくてもよいし、30代でもなくてもよいし、女子ならいいんです、あっ、いや女子でなくてもよいのだけど。でも、やっぱ、「経堂の30代を中心とした女子」って、いいなあ。いやいや、あなたも、あなたも、みんなよいです。よろしくお願いしますよ。

しかし、やはり、あの「泥酔論」トークライブをおもしろいとおもう人は、それなりのセンスの持ち主だと思うね。なにしろ、フツウのトークライブとちがって、なんのお膳立てもない、いきあたりばったりだから。ま、たいがいのトークライブというのは、「受動的な消費的な聴衆」を前提にして、ここで笑わせるとか、ここで感心させるとか、そういう、与えられるオイシイ話の演出がある。それなりの芸であり、それなりにおもしろいと思うけど、なんかね、予定調和な感じがあって、おれはあまり好きになれない。いっしょにバカになって楽しめる方がよい。つまり、いっしょにバカになって楽しめる人が楽しめるトークライブをやりたいのだな。そういうのがあっても、いいじゃないか。ってことなのさ。

「酒とつまみ」の渡邉和彦さんからもメールがあって、大竹編集長は都合が悪くて来れなくなったが、サイカメさんは、参加できると。それに、「「酒とつまみ」12号は、なんとか18日納品が確定しましたので、26日にはできたてホヤホヤをスロコメに持っていけそうです」と。

前の11号を取り出して見たら、発行は昨年の9月10日。1年ぶりだ。11号の表紙には、「できれば季刊」とあるのに。ま、本気にしている人はいなかったと思うが、1年ぶりとはなあ。けっこうではないか。

とにかく今回は、これまでスロコメの泥酔論に顔は見せても、ゲストになったことはなかったし、そもそもどこでもあまり話したことがない渡邉さんの話を聞きたいという要望があってのことなので、みなさんで渡邉さんとサイカメさんに質問しまくり、いじりまわし可愛がりながら泥酔しようではありませんか。

「酒とつまみ」ご存知ない方は、これを機会に、手にとってみて、渡邉さんをなめてみてください。

ってことで、どーかみなさん、26日の土曜日は、お誘い合わせのうえ、いらしてください。参加者が多ければ、渡邉さんもヤル気を出して、ほんとうに季刊になるかも。なんてことは、ありえませんね。とにかく、でも、渡邉さんの話を聞けるチャンスは、めったにないと思うから、この機会を逃さないよう。

タモリ倶楽部に出ても、地味なスタンスを取り続けてきた渡邉さんの素顔は?単なる酒飲み?競馬好き?酒つまの頭脳ともウワサがある、その真相は。そして、取り巻きの女は?

それから、村上航さんの朗読も、決定のようです。楽しみであります。さて、こんどは、なんの朗読か。このあいだ、おれの「酔いたい、酔うために飲む飲兵衛の存在」という文章を渡してはあるのだけど。これまでのように、瀬尾幸子さんのレシピの朗読もおもしろいし、「遠藤哲夫の[信濃路]偏愛話」も何度きいてもよいからなあ……。

18時半スタートの予定だけど、たいがい遅れて19時ごろになりますね。

とりあえず、そういうことで。

スローコメディファクトリーのサイト
http://slowcomedyfactory.oyucafe.net/

酒とつまみのサイト
http://www.saketsuma.com/

前回の様子。
2009/08/23
盛況御礼。昨夜のスロコメ「泥酔論」は、村上航さんで勝負だった。

2009/07/29
村上航さんによる、瀬尾幸子「せおつまみ」と「遠藤哲夫の[信濃路]偏愛話」朗読、YouTubeに。

|

« 観音崎[NPO手火山]の招きで「カレーライスとねこまんま」を語る。 | トップページ | 御前崎の御前崎の民宿と鰹節とナマリと熱いシルバーたち。 »

コメント

エンテツさん。
お忙しいところ、ありがとうございます♪

えっと、泥酔論。わたしは2回参加で、
それとは別に前回、スタート前に(泣く泣く)退席し……。
なので今度が3度目ですね。

うしし。

酒飲みの何がいいって、ズバリ、鷹揚で寛大なところ。
そうじゃない人も勿論いるだろうけど、でも、酔ってしまえば、
色々なことがゆるーくなって、いい加減に好い加減に。

気取っていても、あんたもわたしも「ただの人」なのよ、的な雰囲気。それがとても好きです。
自身も、酔っている時はいつもよりずっと人間が愛おしく思えて幸せ。

当日を楽しみにしています。

投稿: ナオコ | 2009/09/15 19:23

いやあ、どーも、お二人さん。チトいま忙しいもので、お二人さんまとめての返事で失礼します。

お二人とも、最近の泥酔論でお会いしたばかり、更紗さんは前回が初めてだったとおもうけど、どーも、ありがとうございます。

また、大いに、楽しみましょう。渡邉さんも、いじりがいのあるおもしろいひとですから。粗相、気にする必要なし、遠慮必要なし。なんでも酔った勢いってことにしちゃえばよいのです。

「酒とつまみ」のバックナンバー、あまりないと思うけど、頼んどいてみます。

ではでは。

投稿: エンテツ | 2009/09/15 13:01

経堂ではない30代ですが(笑)

トークの途中でグダグダになって、
予定(らしきもの)をすっ飛ばしたり
「あれ、なんだっけ?」「ま、いいや」的発言
連発なエンテツさんのトークイベントは、
非常に笑えてゆるやかで、

ええ、好きでございまする。

ぐねぐねと曲がっている臍のせいか、わたくし、
仕事以外ではろくすっぽ社交辞令も言えず、
大人として黙っておくべき?真実もついズバリと
切り込み、突っ込んでしまったり、

かと思えば、嬉しい時は相手をドン引きさせるほど
キャアキャアとはしゃいでしまい……今回も念願の
ナベさんご登場に思わずそのお背中などペチペチと
叩いてしまわないか、粗相はないか、と本気で
心配するほどでありますが……。苦笑。
(しかし、今のところ病気ではありません)

あるいは照れ隠しに、超仏頂面になるかもしれず……。

それでも、こんなニンゲンをも受け入れてくれる
大らかなゆるさが「泥酔論」にはきっとあるだろう、と
今回もまた、足を運びたくなってしまうのです。


当日、今からとても楽しみにしています。
そしてまたも長文にて……ご容赦くださいませ。

投稿: ナオコ | 2009/09/14 21:07

「泥酔論」をとても楽しみにしていたので、
既に決まっていた予定をずらして伺います。ワーイ!
「酒とつまみ」、バックナンバーも買えれば良いのになと思います。
体調を万全にして、ホッピーごくごく飲む勢いで行きます。
楽しみ過ぎて死んでしまいそう…!

投稿: 更紗 | 2009/09/14 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/46206017

この記事へのトラックバック一覧です: 26日のスロコメ「泥酔論」と「酒とつまみ」12号発刊の動向。:

« 観音崎[NPO手火山]の招きで「カレーライスとねこまんま」を語る。 | トップページ | 御前崎の御前崎の民宿と鰹節とナマリと熱いシルバーたち。 »