« うまいものにこだわる「窮屈至極な食べ物の世界」と「農業ブーム」。 | トップページ | 「泥酔論」のこと。 »

2009/10/07

JR東日本が活力を奪っているんじゃねえの。

020ここのところ連続で東京さ行っている。東京さ2、3日続けていくと、JR東の運賃の高さが、痛いほど財布と肉体にしみる。じつにさみしい沈んだ気持になる。生きる元気が奪われる、何かする気力が失せる。だって、そうだろ、必要があって出かけて行くのに、まず最初にJR東が不当に高いと思われる額をピンハネするわけだ。避けることができないピンハネを、「運賃」という名のもとにやる。東大宮から新宿まで片道570円だ。渋谷までは650円。

おとといだったかな? 渋谷へ用があって行き、そのあと鶯谷の信濃路へ寄った。すでにビールを飲んだあとだったので、ホッピーを飲んだ。ホッピー1本で中3杯。それにシメサバとおでんのだいこん、がんも、たまご。これで、1500円しない。とってもよい気分になれる。なのに、JR東の運賃は1500円ぐらいかかった。

高い運賃のJR東に乗らずに出かける方法がない。3000円持って東京さ出かければ、そのうち半分は選択の余地なくJR東に奪われる。JR東の運賃は、家計を硬直化し圧迫する大きな要因になっている。消費の活発化が景気回復の道であるといわれるが、それじゃあ消費でもして景気回復に貢献しましょうかと思っても、まず運賃がこれでは出かける気がなくなってしまうし、一度でも出かけると、そのあと高い運賃のショックが残り、気分はウツのように低迷し、JR東に対する怒りがわくことはあっても、ものを食べたりウンコをする気力すら失せているのに気づく。

それは、おそらくおれだけではないだろう。地方へ行けば、もっとJRが安ければ観光客が増えるのにという声は、必ず聞く。そして、あきらかに、大宮から東北本線(宇都宮線)を利用する客は、JR東への怒りが、かなり鬱積しているはずだ。そういう声は、何度も電車の中で聞く。たとえば、グリーン車だ。あれは、10両編成でも、15両編成でも、必ず2両ついている。ほかの電車があるならよいだろう。だけど、これしかないのに、まいど2両はグリーン車が保障されている。しかし、どんなに混雑しているときでも一般車両は8両しかないときが少なくない。そのガマンを強いられる。ときどき、高校生がドアを蹴飛ばして怒っている。大人だって酔っぱらうと怒りわめいている。ぎゅうぎゅうづめの電車で「これじゃあJRのヤツを殴りたくなるじゃありませんか」と酔っ払いが、となりの酒は飲んでいないらしいおじさんにいうと、おとなしそうなおじさんは黙ってうなずく。おれは、いつか、暴動になるにちがいないとみている。終電もなくなるのが早いし、関東の「東北人」は「東北差別」を胸に刻みながら日々過ごしている。

きのうの夜は、東京は世田谷区の経堂、大田尻家とさばの湯に寄って帰りが遅くなった。大宮からタクシーに乗るのは覚悟だった。経堂から小田急線、新宿の西口でJRに乗り換えるとき、いちおう大宮までの電車があるか確かめた。駅員は「ある」というから切符を買って、東口に近い埼京線ホームへ行った。すると、もう電車がなくなっているのだ。あたりに駅員はいない。東口の改札まで行き駅員に聞くと、埼京線直通は終わっている、山の手線で池袋、池袋から赤羽で京浜東北線に乗換えるのだという。山の手線で池袋へ行くには、さきほど切符を買って入った西口に最も近い12番線あたりのホームだから、1番線そばの東口の改札からだと一番遠い位置だ。あせった。JR東の駅員を殴るのはよくないが、かりに殴られてもおれは秘かに拍手するだろうと思った。

017大田尻家は、あいかわらずよかった。くつろいで飲んで酔っ払い、そのまま帰るつもりだったが、さばの湯の前を通ったら、やはり入ってしまった。だけど、酔ってよく覚えていない。なんだかカレーがすごくうまかった。一緒のダビさんとくらちゃんは、入るといきなり、入口近くにあった卓球台で卓球を始めた。ほかの客も巻き込み、さばの湯の一角は卓球場と化す。2人を置いて店を出た。そのあたりは酔ってよく覚えていないのだが、JR新宿駅のことは、よく覚えているのである。いまや、JRは日本の不機嫌を増長し、景気回復を遅らせるガンにちがいない。

須田さんの腹が出るのもJRのせいなのか。

|

« うまいものにこだわる「窮屈至極な食べ物の世界」と「農業ブーム」。 | トップページ | 「泥酔論」のこと。 »

コメント

どーも、まいど、楽しませてもらって、
ありがとうございました。
あのさんまは、酒の肴にぴったりすぎて、キケン。
すっかり、酔ってしまいました。
なんですね、くらとおくは、飲むペースがはやいことで共通してますね。さちは、おまかせします。
ダヴィが燗酒好きとは、発見でした。

また寄らせてもらいます。

投稿: エンテツ | 2009/10/08 16:32

おかげで我が家も楽しく盛り上がりました、
ついでの折りには又よろしく!
サッちゃんの酔っぱらったとこも見てみたいけど。

投稿: タジリ | 2009/10/08 15:00

たいがいよく覚えていなくて、そういえばサンマの、あれは麹漬だと思うけど、うまかったの思い出した。

ドロヨイして松島の海にはまらないように。
いい思い出より、酒の土産がいい。ってウソ。
ダビちゃんには、いい女をあてがっておきます。って、ホント。

投稿: エンテツ | 2009/10/08 02:11

いやー、昨日は実に楽しかったです♪ありがとうございました!
大田尻家のサンマの塩からが忘れられないまま、明日は仙台へ旅立ちます、台風とつるんで。。。
お仕事の後、仙台は松島でドロヨイします。
楽しい思い出ができましたら、ご連絡申し上げます、ではでは!(ダヴィちゃん東京でお留守番。)

投稿: ダヴィちゃん、くらちゃん | 2009/10/08 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本が活力を奪っているんじゃねえの。:

« うまいものにこだわる「窮屈至極な食べ物の世界」と「農業ブーム」。 | トップページ | 「泥酔論」のこと。 »