« 六日町=万盛庵・大和屋旅館、飯山線経由、小諸=揚羽屋、泥酔紀行。 | トップページ | 農業に関する、二つのリンク。 »

2009/10/14

万盛庵のカレーうどんと漬物。

037_2ああ、チョイと遊びすぎたというほど遊んではいないはずなのだが、どうしてこうもアタフタになってしまうのだろうか。みんな、どうせ大不況で、そんなにあせっても無駄なコストが掛かるだけだから、のんびりコツコツやりましょうよ。ほんとうに必要なことを、ほんとうに必要なだけやる、そういう考えと習慣を、この大不況のときにこそ身につけるべきでありましょう。なんて書くと、てめえだけ、遊んで大酒かっくらってきて、なにぬかすといわれそうだが。いやあ、はははははあああ、悔しかったら1日たりとも遊びに行けないほど、仕事をくれてみろ、ってんだ。

そうそう、それで12日に食べた、万盛庵のカレーうどんと漬物のことを書こうとおもっていたのだが、あまりに忙しかったせいか、もう遠いむかしのことにおもわれて、なんだか書く気がおきない。

このカレーうどん、ずるっ一口食べたあとは、もうガツガツ一気に食べてしまった。具だくさんでうまかった。それで十分。

038二番目の画像は、漬物の盛り合わせ。カレーうどんで生ビールを呑んだあとは、漬物でポン酒を呑みまくった。ほんと、漬物とポン酒、いいですねえ。口がスッキリさわやか、ぐいぐい呑めます。この盛り合わせは、おろぬき大根とみょうがと、それから正しい名前は、なんてのかな「糸瓜」だろうか?「冬瓜」じゃないよね、中が糸状になるやつだから。この漬物は初めて食べた。みんな、うまいんだなあ。

041三番目の画像は、パプリカではなく、カグラナンバンの漬物ですよ。たいがい夏の青いうちに食べると、ものすごく辛いから用心してつまんでみたら、ほんのり辛いていどで、野菜らしい甘味もあって、なかなかよいのですよ。万盛庵でも、初めての試みらしい。まんちゃんのブログを見てください。

万盛庵のまんちゃんによるブログ「万盛庵通信」の今日14日に、この赤い漬物のことが書いてある…クリック地獄

って、ぐらいで、この件は、おしまい。もしかすると書き足すかも知れない。

えーと、それから、世間を騒がしている「ミシュラン」、といっても、マスコミと業界一部が、ミシュランのパブにのって騒いでいるだけだけど、そのミシュランの件について、おまえの高度な見解をブログに書けという要望が、たった約1人から強く言われているので、近日中に書きます。それで、よいですね。

|

« 六日町=万盛庵・大和屋旅館、飯山線経由、小諸=揚羽屋、泥酔紀行。 | トップページ | 農業に関する、二つのリンク。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万盛庵のカレーうどんと漬物。:

» 大衆食堂と四日市 [たう日記]
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/ 私はエンテツせんせーのブログをいつも読んでいる。大好きです。 大衆食堂と四日市。 私が思うに、四日市はリアルな昭和が色濃く残っている土地です。そして、その昭和がとても元気。 先日、近鉄四日市駅近くの「あさひ食堂」にゆきま... [続きを読む]

受信: 2009/10/15 23:48

« 六日町=万盛庵・大和屋旅館、飯山線経由、小諸=揚羽屋、泥酔紀行。 | トップページ | 農業に関する、二つのリンク。 »