« 楽しい~、スソアキコ帽子展「頭にくるり」は、30日まで。 | トップページ | かくも、あやしき誘惑。 »

2009/10/28

スソアキコ帽子展のち言水制作室経由アンチヘブリンガン。

昨夜は、とりあえず帽子展の画像を掲載して寝たが、17時に女子2人とそこへ行ったのだった。おれは、スソさんの帽子展を見るのは、今回で3回目だとおもうが、これはどうしたことかとおもうほど、爆発的に作品の数が多かった。数が多いだけでなく、以前は、さなぎの成長過程をモチーフにしたようなもので、色も黒など地味系が主だったが、今回は、古墳部長の威力か縄文をモチーフにバラエティにとんでいて色もカラフル、すごいパワフル。スソさんも、なんだかいつもより元気そう。ま、張り切って当然か。にしても、のりにのっている感じ。

いろいろ被ってみる。ずいぶん奇抜だなあとおもったものや、チョイとおれの頭には小さすぎるとおもったものも、被ってみると意外に違和感がない。そのへんは、やはり帽子デザイナーの仕事なのか、不思議におさまりよく楽しい気分になる。

会場には、古墳部で一緒になるI澤さんもいた。このあいだの奈良の旅以来。スソさんとI澤さんとおれは、ついつい古墳や縄文の話に熱がはいる。古墳と帽子、楽しいねえ。

I澤さんと女子2人と表参道の居酒屋へ。まずは生ビールで乾杯。ビールも肴もうまい。奈良と京都と大阪の話をあれこれ。ここで落ち着きそうになるが生ビール2杯ずつぐらい呑んだところで出る。I澤さんと別れ、半蔵門線で神保町。

026リトルエキスポ参加中の言水制作室「半分書店」へ。先日紹介した、『こころのたねとして』や福田尚代さんの本などが並んでいる。レアもの美術書やカタログなど。それからナカバンさんの手のひらに入るミニ絵本もあった。これは以前に買って持っているのだが、いつも枕元に置いてあって、寝床に入って寝る前にパラパラ見るのにとてもよい。

で、またもやアンチヘブリンガンへ。20時ぐらいで、満席状態だったが、ちょうど出る人がいて、うまく座れる。まずは生ビール、春菊ペーストのパスタのほかにあれこれ注文。まもなくサキさん来る。赤ワインをボトルで。言水さんもあらわれる。そうそう、この「言水」って、どう読むかわからないという話があったが、「ことみず」です。さらにまた赤ワイン一本追加して、ひたすら泥酔コース。サキさんと安酒研究の話をしていたな、そのうちこのブログでやろう。23時少し前に、酔うとますます遠~い東大宮まで帰るため一足先に退去。上野で宇都宮線終電一本前に乗り帰る。

言水制作室「半分書店」
http://d.hatena.ne.jp/kotomiz/

|

« 楽しい~、スソアキコ帽子展「頭にくるり」は、30日まで。 | トップページ | かくも、あやしき誘惑。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スソアキコ帽子展のち言水制作室経由アンチヘブリンガン。:

« 楽しい~、スソアキコ帽子展「頭にくるり」は、30日まで。 | トップページ | かくも、あやしき誘惑。 »