« 「ミシュラン」の黄昏 1。白金の憂鬱。 | トップページ | 「ミシュラン」の黄昏 2。権威の盛衰。 »

2009/10/20

わははめし、言水制作室、アンチヘブリンガンで古墳部的泥酔。

きのう。13時に小学館、長尾さん、瀬尾さん、佐々木さん。書籍化の企画とスケジュール。11月1日ごろ更新予定の「わははめし」のゲラをもらう。そういえば、このあいだ撮影の原稿も仕上げなくては。16時過ぎおわり、めしと酒の店を求め、とりあえずすずらん通り「紅とん」。あとに仕事がある佐々木さんはめし、おれと瀬尾さんはビール。佐々木さんとわかれ、言水制作室へ寄ってみると、言水ヘリオさんはパソコンに向かって仕事中。近くのおでんやで呑んで待つことに。あとから言水さん来る。ポン酒燗を、かなり呑む。勢いにのって、ときにはアンチヘブリンガンへ行きますかということになり、3人で移動。白ワインのボトルに料理いろいろ。「クウネル」の最新号を見せてもらうと、「スソアキコのフィールドワーク 八ヶ岳、五千年前のふつうの家の器です」ってことで、スソアキコ古墳部長が縄文土器と写っている。写真は久家靖秀さんだ。数ページにわたって、スソ&久家ワールド。みなさん、見てください。瀬尾さんがスソさんに電話すると、いまから来るという。それは何時ごろだろう、時間のことは、まったくわからない。と、しばらくして先にあらわれたのが、久家さん。スソさんもあらわれる。古墳部の旅行みたいだ。もうなんやらにぎやか、おれはすっかり酔って、記憶かなりアイマイ。閉店後のアンチヘブリガンのご夫妻も加わり、あれこれオシャベリ。店を出たのは25時ごろだろう。久家さんは仕事帰りでクルマだったから酒は呑まず、瀬尾さんスソさんと乗せてもらい、瀬尾さん宅。朝6時半ごろ出て帰る。呑み疲れ、騒ぎ疲れ。

■ちかごろ古墳で注目の、まいど被ってみられる帽子が楽しい、スソアキコ帽子展「頭にくるり」。10月23日(金)から30日(金)、南青山の地下鉄表参道駅近くの「DEE′S HALL」で。

スソアキコさんのサイト…クリック地獄

当ブログ、昨年のスソアキコ帽子展の様子。
2008/11/06
青山でスソアキコ帽子展、渋谷でアルシーヴ社。

■アンチヘブリガンでは、10月31日(土)15時から、大竹聡さんと牧野伊三夫さんによるトーク「へべとレケの酒ばなし」があります。「雲のうえ」編集長の大谷道子さんによる「エアクラシックギター」の演奏もあるそうです。会費1500円(ワンドリンクとつまみ一品)。申し込みは、電話かメールで。

■えーと、あと、言水制作室が、「半酒場」だかなんとかになるイベントがあるという話を聞いたのだけど、いつ何のイベントでしたっけね。

|

« 「ミシュラン」の黄昏 1。白金の憂鬱。 | トップページ | 「ミシュラン」の黄昏 2。権威の盛衰。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わははめし、言水制作室、アンチヘブリンガンで古墳部的泥酔。:

« 「ミシュラン」の黄昏 1。白金の憂鬱。 | トップページ | 「ミシュラン」の黄昏 2。権威の盛衰。 »