« ど | トップページ | 『東京人』4月号「今宵はこの店で」。酩酊できあがっている顔の3人。 »

2010/03/04

古墳部活動「縄文海進」時代の東京湾沿岸貝塚めぐり1回目、富士見市みずほ台「水子貝塚」。

060

077_2このあいだ、スソアキコさんとおしゃべりしているときに、前に「四月と十月」古墳部で行った千葉の加曽利貝塚は、縄文時代の海水面が高かった(縄文海進)ころの東京湾沿岸であり、東京湾は群馬の館林や藤岡あたりまで入り込んでいて、沿岸には貝塚がたくさんある、そこをコツコツまわろうという話になった。さっそく、スソ古墳部長が調べて、きょうの見学会となった。

埼玉県富士見市東武東上線みずほ台駅13時集合。全部で4人のはずが、1名は二日酔いで脱落。もっと酒を鍛えなくてはいかんなあ。スソさんと瀬尾幸子さんとおれ。めざすは「水子貝塚」。じつは、どうせたいしたことないだろうと舐めていたのだが、なかなかどうして、またさらに縄文の深さや多様性を考えることになった。

ここの貝塚は、これまで見た貝塚とちがった。しかも貝塚の中から人骨まで発掘された。貝塚といえば、ゴミ捨て場のようなものじゃないの。どういうこと?

続きは、あとで。

013

015

020

044


|

« ど | トップページ | 『東京人』4月号「今宵はこの店で」。酩酊できあがっている顔の3人。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/47726065

この記事へのトラックバック一覧です: 古墳部活動「縄文海進」時代の東京湾沿岸貝塚めぐり1回目、富士見市みずほ台「水子貝塚」。:

« ど | トップページ | 『東京人』4月号「今宵はこの店で」。酩酊できあがっている顔の3人。 »