« クソジジイ! 大雅、コタツ、重松荘、地元東大宮で泥酔記憶喪失。 | トップページ | 山﨑邦紀監督は、希望である。 »

2010/04/14

『みんなの大衆めし』印刷入稿直前校正、予約受付始まる。

004_2まもなくベールを脱ぐ、『みんなの大衆めし』。きのう、夕方から小学館でpdf校正のまとめ。なにしろ、おれの文は、著者の瀬尾幸子さんはもちろん、制作チーム編集の佐々木さん、小学館の担当編集の長尾さん、その2人の上司の方、2人の校閲者が目を通すという大掛かりなもので、それぞれのチェックを見て、最後にエイヤッ!とまとめて直す作業。16時ごろから19時ごろまで。

ちょうど、デザイナーの津村正一さんからは、装丁pdfもあがってきて、文句なしの素晴らしさ。偶然なんだが、津村さんは、今日明日あたりには書店に並ぶ、木村衣有子さんの著書『大阪のぞき』のデザインもされていて、これも素晴らしい。

とにかく、これで力仕事的には大きな山をこえたわけで、昨夜は1人静かにゴクロウサン酒で酩酊。いろいろ難しいことが多かった本だが、よくここまで出来たと…。まだ、これからのツメが、けっこう大事にせよ。

瀬尾さんのレシピは、「食堂めし」「商店街の惣菜」「大人のビンボーめし」の3部構成で77点掲載。この、食堂めしにつく「エンテツの眼」というコラム、ほかに、大衆食堂探訪と商店街の惣菜探訪、最後の瀬尾さんとおれの対談風コラムを、おれが書いています。「エンテツの眼」ページ以外は、写真は全部、齋藤圭吾さん。『雲のうえ』5号以来の一緒の仕事でありまして、齋藤さんの写真は、もちろんバッチリです。

いちおう「料理本」だけど、これまでの「料理本」のイメージをガツンと打ち破って、これまでの料理本にはないおもしろさ、見るだけでも楽しく元気が出る。やっぱり、これだよ、大衆めし。

B6判、本文128ページ、1050円。6月2~4日には書店に並ぶそうです。
アマゾンをチェックしたら、すでに予約受付が始まっていた。上の「お知らせ」にリンクがあります。書店でも予約できますからね、忘れないうちに予約を。よろしくお願いしますよ。

|

« クソジジイ! 大雅、コタツ、重松荘、地元東大宮で泥酔記憶喪失。 | トップページ | 山﨑邦紀監督は、希望である。 »

コメント

早々に、ありがとうございますッ!

売れない男のわたくしにとって、
なによりの励ましです。

投稿: エンテツ | 2010/04/16 15:55

はい。
予約完了です。
楽しみです。

投稿: giraud | 2010/04/15 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『みんなの大衆めし』印刷入稿直前校正、予約受付始まる。:

« クソジジイ! 大雅、コタツ、重松荘、地元東大宮で泥酔記憶喪失。 | トップページ | 山﨑邦紀監督は、希望である。 »