« 足の痛みは引いたのだが、こころの傷みが癒されない。 | トップページ | 山を片付けたあとは…。初夏の候、気になるのは、酒、ばかりじゃない。 »

2010/05/09

南魚沼市六日町の万盛庵本店のばあちゃん亡くなる。

享年96。

万盛庵のまんちゃんのブログを見たら、「目黒ミヨノ 6日8:50 永眠いたしました。」と。
http://mansean.exblog.jp/13260002/

006_2何度も書いているが、万盛庵は、おれの故郷、六日町の大衆食堂的老舗蕎麦屋だ。大正年間の創業だったかな? おもえば、おれはガキのころから高校を卒業するまで、このばあちゃんが店を仕切っていたころの、へぎそばやラーメンを食べていたのだ。

その息子さんに、おれの同級生が嫁いでいたとは知らず。そして、まんちゃんがその息子とは知らず、おれはまんちゃんとネットつながりで知り合った。縁は不思議なものだ。

ばあちゃんが、まだ割とシッカリしていたころ、といっても80歳後半だったか。
おれの顔を見て、「(町を)出て行ったしょも、残っているしょも、容易じゃね」と言った。
経験に裏打ちされた含蓄のある言葉だと思った。

ご冥福をお祈り申し上げます。

衰えていく老人を抱えながらの飲食店経営も容易じゃなかったと思う。みんな、えらいなあ。とうちゃんも、かあちゃんも、身体大事に店を続けてください。画像は、一昨年の9月。

とうちゃんは、自他共に認める「山菜採り名人」、まんちゃんは自他共に認める「釣り名人(渓流、フライフィッシング)」。

|

« 足の痛みは引いたのだが、こころの傷みが癒されない。 | トップページ | 山を片付けたあとは…。初夏の候、気になるのは、酒、ばかりじゃない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/48310177

この記事へのトラックバック一覧です: 南魚沼市六日町の万盛庵本店のばあちゃん亡くなる。:

« 足の痛みは引いたのだが、こころの傷みが癒されない。 | トップページ | 山を片付けたあとは…。初夏の候、気になるのは、酒、ばかりじゃない。 »