« 酒に酔い、突っ走る水族館劇場に酔い | トップページ | 発売中『ミーツ・リージョナル』7月号、酒特集にエッセイを寄稿。 »

2010/06/04

『みんなの大衆めし』打ち上げ、朝帰り。

002きのうは、夕方になっても、まだ前夜の酒が身体の芯に残っている感じのまま、『みんなの大衆めし』打ち上げへ行った。この本のデザイナー、津村正二さんは大阪の方で、打ち合わせで東京に来られるのにあわせ、この日になったのだ。

18時に、十条の大衆食堂「天将」に集合だったが、おれはその前に齋藤酒場で一杯やろうと、早めに向かった。

17時15分ごろ齋藤酒場に着いて、ビール。一足先に酔って、それからはもう、怒涛の呑みだった。

ああ、チョイと、まだ酔いが覚めていないので、あとで書き足すかも知れないということにして。結論を言えば、電話の音がして、目が覚めたら、池袋のカラオケの部屋に1人で寝ていた。5時だった。頭が痛い。電話の向こうで「お客様、お時間ですが、延長にしますか」とか言っている。延長のわけないだろ。

痛い頭で、思い出せば、天将から池袋の「ふくろ」、そのあとカラオケをやって、みんなはおれを残して帰ったのだ。冷たいやつらだ。冷房で身体が冷えて死ぬところだった。

003

|

« 酒に酔い、突っ走る水族館劇場に酔い | トップページ | 発売中『ミーツ・リージョナル』7月号、酒特集にエッセイを寄稿。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『みんなの大衆めし』打ち上げ、朝帰り。:

« 酒に酔い、突っ走る水族館劇場に酔い | トップページ | 発売中『ミーツ・リージョナル』7月号、酒特集にエッセイを寄稿。 »