« 京成佐倉上りホーム、「行商専用車です」。 | トップページ | 日暮里、又一順。昭和のレヴューなこころ。 »

2010/07/21

トツゼンですが、経堂さばの湯で25日、泥酔論番外編「北九州の角うち」。

124あっちいですねえ。あっちいので、経堂の「さばの湯」で、ワイワイ飲むことにしました。すぐの日曜日、25日です。この日のさばの湯は、「北九州の「角打ち」コピー酒場」ということなので、おれが北九州市発行「雲のうえ」5号食堂特集の取材のときや、そのあと講演のようなもので行ったとき入った角うちや、「雲のうえ」創刊号の角うち特集、そして北九州の大衆食堂やまちなどを、たくさんの画像で紹介しながらシャベリます。一緒に、大いに、飲みましょう。

ばたばたウダウダやっていって、ブログに書いてなかったが、おととい19日は、経堂の太田尻家へ行って、まったり飲んで過ごしたのだ。

2010/07/16「ジャンク、パンク、先駆。気取るな!力強くめしをくえ!『大衆食堂の研究』15周年。」に書いた、『大衆食堂の研究』の装丁やイラストは、当時は「太田」だった、太田尻智子さんなのだ。あれから15年、その間に、太田さんは、いまの太田尻家の家長「田尻」さんと結婚して、太田尻家ができたというわけだ。なんとまあ、都合のよい苗字の結婚だ。ともあれ、そういうわけで、経堂のバー太田尻家もよろしく。

太田尻家の少し先にあった、カフェギャラリーで古本やら雑貨なども展示販売いろいろやっていたロバロバさんが、5月で閉店して、ロバロバさんは山口県のほうへ行ってしまって、そのあとどうなったか気になっていたのだが、別のひとが、カフェギャラリー「芝生」を開業した。まだ始まったばかりで、どんなカフェギャラリーになるかわからないが、注目したい。

|

« 京成佐倉上りホーム、「行商専用車です」。 | トップページ | 日暮里、又一順。昭和のレヴューなこころ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トツゼンですが、経堂さばの湯で25日、泥酔論番外編「北九州の角うち」。:

« 京成佐倉上りホーム、「行商専用車です」。 | トップページ | 日暮里、又一順。昭和のレヴューなこころ。 »