« 角文研東京支部主催、エロテロ的暑気払い。 | トップページ | 「不採算」を理由にする「企業の論理」は公共を救うか。 »

2010/08/23

ナスの丸ナス。

005_2最初の画像は、きのうのエントリーに書いた、バッグのなかにあったナスだ。品種がわからないが、カタチからすれば、よく見かける部類だろう。これは、中原さんからもらったもので、もちろん中原さんが作ったものだ。けっこうな大きさなので、今日明日中に、鶏肉と一緒に煮てくおうとおもう。

この夏のお盆には、2010/08/20「生きるために耕し、耕し生きる。」に書いた山の畑で、珍しいナスに出合った(2番目の画像)。というか、このナスが畑になっているのを見たのは、1962年に田舎を出て以来、初めてではないかとおもう。仕事の関係もあって、北海道から沖縄まで、あちこちの畑を見たが、このナスを見たことはなかった。

073いまどきの普通のナスになれてしまい、このナスのことは、いつしか記憶から消えていた。きょねん、故郷の南魚沼は六日町の万盛庵で食べたナス漬で、思い出すアリサマだった。

「丸ナス」といって、おれがガキのころは、これが普通のナスだった。むかしは、地域によって、とれるナスがいろいろあって、新潟では(ほかにも作っている地域があるらしいが)、これが普通だった。それが、この夏の秩父の山の畑にあったのだ。

その家人老夫婦に聞くと、苗を買いに行ったとき、初めての珍しいものだから、少しだけ買って来て、ほかのナスと一緒に作ってみたということだった。はたして、どう食べてよいか、困っていた。

いま普通に広く出回っているナスは、皮をむかないで料理するのが普通だから、そのようにすると、このナスは皮がとてもかたくて食べられない。皮のまま煮て、皮がやわらかくなるほど煮たら、なかの実はどろどろになる。だから皮をむく。漬物は、丸ごと漬けるが、食べるときには、手でちぎって食べる。

いまは、どうか知らない。おれがガキのころの盆踊りのうたは、やぐらのうえで太鼓に合わせて誰かがうたった。その歌詞に決まって、「はあ~ 盆だてがんに~ ナスの皮の雑炊だ~」というのがあった。この歌詞になると、踊っているひとも一緒に声をはりあげた。

「盆だてがんに~」は、「盆だというのに」ということだ。「雑炊だ~」のところは、「ぞぉせえ~だ~」という感じで、思い切り力を入れてうたう。あきらめとヤケクソの哀調が、ただよった。いまおもえば、当時の盆踊りの会場である神社の境内は、やぐらのまわりに少しばかりの白熱灯がぶらさがっているだけで、ほかはロウソクの提灯で、薄暗かった。

この歌詞は、この丸ナスだからこそ、生まれたものだろう。

「盆だてがんに~」だから、盆ではない普段はもちろん、捨てるか豚のエサにするような、かたい丸ナスの皮を、雑炊に入れていたことになる。おれは、この雑炊を食べた記憶はないが、もしかすると、しょっちゅうやっていた雑炊のなかに刻んで入っていたのかも知れない。

もともとナスにもナスの皮にも、貧乏はない。それを食べる生活が、やりきれない貧乏だったから、食べるものまで貧乏くさくおもうようになった。ということだろう。秩父の山の畑で育った丸ナスの実を食べてみたが、いま広く出回っているナスより、実が詰まっていて、芳醇な旨みがあった。

下記のエントリーに、万盛庵の丸ナスの漬物の画像と、これを食べたときの話しを書いている。
2009/06/20「料理写真を見ているうちに、万盛庵へ行きたくなる。」

山の上のナス畑。

082

水やりが必要なときは、沢から水を引く。

089

|

« 角文研東京支部主催、エロテロ的暑気払い。 | トップページ | 「不採算」を理由にする「企業の論理」は公共を救うか。 »

コメント

どーも、お忙しそうでなによりです。

丸ナス、京都のものは、ずいぶん大きくなりますね。

新潟や山形のものは、そうまで大きくならず、
逆に一口大の小さなものもあります。

関東では、ほとんど見かけません。自家消費用に作っている人がいるかも知れませんが。

いまでは、新潟の田舎でも、丸ナスは「主流」とはいえないようです。関東や東日本では、東京マーケットで売れないものは「主流」になれませんからね。

残暑が厳しいようですが、厳しいほど山の上のレストランは混み合うのでしょうか。ご自愛ください。

投稿: エンテツ | 2010/08/23 13:34

おひさしぶりです。

ナスの画像をみて。

京都の加茂ナスと同じですね。
そちら(関東)には、あまり無いのですか?

うちの契約農家さんが、
上賀茂にあるので、この夏の期間は、
毎日のように、朝、カモナスをとりに行ってました。

もうシーズンは終わりですね。

京都の伝統野菜のカモナスは、
2Lサイズになるくらい大きく育てます。
中が柔らかくなって、

和食さんなら、よく西京味噌などで、
田楽ナスにしますね。
皮も意外とやわらかいですよ。

フレンチだと、皮を剥くことが多いですが。

ナスもキュウリも万願寺唐辛子もおわって、

秋から、上賀茂の畑は、
一面、すぐき(漬物用)に覆われます。

投稿: giraud | 2010/08/23 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/49226214

この記事へのトラックバック一覧です: ナスの丸ナス。:

« 角文研東京支部主催、エロテロ的暑気払い。 | トップページ | 「不採算」を理由にする「企業の論理」は公共を救うか。 »