« 日刊ゲンダイ8月16日、よみがえれ、食欲! | トップページ | 谷中やぶさいそうすけ、西川郷子ソロライブ。 »

2010/08/28

日々の料理あるいは日々の楽しみ。

前のエントリー、日刊ゲンダイのコピーと一緒に、読者ハガキのアンケートと一通の手紙のコピーが送られてきた。いずれも、プロフィールの部分のコピーはないので、わからないのだが、文字の感じや内容で、男女のちがいや中年以上か以下ぐらいかの想像はつく。

一通の手紙は、きちょうめんな字で、ていねいに書かれたものである。こういうものをいただくと、うれしくて、身が引き締まる。「みんなの大衆めし おもしろかったです。満足しました。」で始る。地元の肉屋や惣菜のヤキソバが好きで、その話しなどが、とても楽しく書かれてある。どうやら簡単なもので缶チューハイを飲むのが、日々の楽しみらしい、愉快な方だ。

アンケートに「この本を最初に何でお知りになりましたか」という質問がある。おれのHPを見てという方が一人だけいたが、いちばん多いのは、圧倒的に「書店で見て」だった。ということは、料理本のコーナーに足を運んでいるひと、ということになるのだろうか。

「レシピは何を参考にすることが多いですか」という質問には、料理本、雑誌、ネット、携帯ネット、テレビ、新聞から多い順に選ぶようになっているのだが、ほぼ全員が、料理本をトップにしていた。そして、ほぼ全員において、ネット、携帯ネットが下位だった。

フリーアンサーを見たところでは、みなさん、日々料理を作ることに親しんでいたり、作る意欲が感じられた。

何人かの方からメールをいただいているが、ほとんどの方が、レシピのどれかを作ってみている。そのまんまではなくても、よいヒントにしているひともいる。

おれも、この本を手にしてから気がついたのだが、今夜は何にしようかなあとおもったとき、これをパラパラ見ると役に立つことが多い。

日々、ウチで料理を作らなくてはならない、作ろうとおもっている、いずれにせよ「日々」ということになると、一日に一度ぐらいは、夕飯は何をつくろうか、明日の朝は、弁当を作るひとは弁当のおかずは、とか考えるものではないだろうか。

料理に対する関心、興味はいろいろだが、この「日々」があるかどうかで、大きなちがいにつながるような気がする。

『みんなの大衆めし』は、「日々」を基準にしている。大衆食堂や惣菜店も、「日々」が基準だ。いや、『みんなの大衆めし』は、大衆食堂や惣菜店の「日々」を、基準にしているというべきか。特別な食材や高級な食材や珍しい食材を使ったり、複雑な調味や、手間をかけたりすることに、高度な美学や求道や趣味的な楽しみや優越感などを求めようというものではない。

「「体にいいから」食べるんじゃなくて、「食べたいから」食べるごはん。これを食べると、なぜかほっとする、また頑張れそうな気持ちになるごはん。あったかくてくつろげるごはん。」なのだ。この表現、いま気がついたが、「ごはん」って、やはり料理本だから、女子を意識してのことだろうか。

「食べたいから」食べる。「日々」の必要は、これだろう。このストレートでシンプルな欲求と快楽は、人びとの長い歴史のなかで継続してきたにも関わらず、近年の「健康」やら「グルメ」な知識と情報によって、ゆがめられてはいないか。長い目でみれば、「健康」や「グルメ」に大きくゆがんだのは、ここ20年ぐらいのもので、この「異常」は、普通なら定着するとはおもえないのだが。

とくに都会では、このような「作る日々」が基準にならない生活もある。成人男子の、おそらく6割以上はそうだろうし、東京となれば女性も含め、けっこういるだろう。だからといって、料理に関心や興味がないわけではない、ある。メディアの舞台で目立つのは、この傾向が多い。つまりは、「話題性」で、「話題性」を、飲食しているんだな。「健康」「体にいいから」も、その一つだろう。

そんなこんなで、だから、「「食べたいから」食べる」を、主張する意味があるわけだ。

『みんなの大衆めし』は、2010/08/25「生活のニオイ。」に書いた、浅草でいえば、ニュー浅草本店のようなものなんですね。あるいは鶯谷の信濃路、あるいは大宮のいづみや、あるいは…。

|

« 日刊ゲンダイ8月16日、よみがえれ、食欲! | トップページ | 谷中やぶさいそうすけ、西川郷子ソロライブ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/49273774

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の料理あるいは日々の楽しみ。:

« 日刊ゲンダイ8月16日、よみがえれ、食欲! | トップページ | 谷中やぶさいそうすけ、西川郷子ソロライブ。 »