« 非文字文化のビジュアルと文字文化のビジュアルそして汁かけめし。 | トップページ | スロコメ@下北沢での古墳ナイトは、明後26日ってことで。 »

2010/09/23

日本と東京の深いところ。

きょうは午後1時すぎから、五十嵐さんと学生さん2人で、都内の某大衆飲食店で店長の話しを聞いた。とても、いい話、おもしろい話、そして心配な話が、たくさんあった。飲んだけど、飲みすぎないで、明るいうちに帰った。

いちばん印象に残った話。以前から毎日、にぎりめし一個とみそ汁で計160円を食べに来る、近所のお年寄りがいるという。そのお客さんは、にぎりめし一個が、だんだん食べられなくなって、いまでは普通の半分の大きさであるという。そのために、そのお客さんは、毎日来るのだ、と。そのお客さんを店は受け入れ続けている。その現場を支える従業員の9割以上は、外国人。いま「下町の伝統」のような「人情」を支えているのは、日本人ではなく、多くの外国人労働者という、事実。

しかし、もともと、下町は、故郷を他郷にもつ人たちの「多文化社会」だった。のだから、「人情」というものは、下町の日本人独特というより、多文化混交社会がもたらしたものなのかも知れない。

それにしても、飲食店は、たいへんな状況にありますな。日本も、たいへんな状況にあるけど。さて、これから、どうなるのだろうか。

画像は、それとは関係ない。きのうの岡本太郎記念館にあるカフェ「ア・ピース・オブ・ケイク a Piece of Cake」。大川雅子さんのカフェですね。数か月前になるのかな?10人ばかりの飲み会で、おれはもう酩酊が始ったころ、遅れてあらわれた大川さんが前の席にすわった。初対面で、こちらはもう酔っていたのだが、いまどきの「スィーツブーム」なんぞについてアレコレ言葉をかわした。そのときの話が気になっていたので、この店に行ってみたかった。入ったのだが、なにしろきのうは暑くて、とにかくビールが飲みたく、有機ビールを頼んでしまった。ま、でも、話を聞いた感じでイメージしていた、流行に左右されない店であるとの印象は、確かめられた。シンプルで質実。

030


|

« 非文字文化のビジュアルと文字文化のビジュアルそして汁かけめし。 | トップページ | スロコメ@下北沢での古墳ナイトは、明後26日ってことで。 »

コメント

どーも、こちらこそ。
なかなか、おもしろかったですね。

シャカイ学者も大変ですね。

小さな飲食店の経営が、入管政策や国際的な労働市場動向に左右されるなんて、フツウである国が少なくないのでしょうが、日本人にとっては慣れないことで、いろいろありそうな。

私的には「西郷さんの半径10m」の話が、下町ワーキング事情あたりにつながり、下町ワーキング事情と「東京のまち」のつながりが、きのうの話から見えてきたような気がしました。このあたりも、おもしろそう。

また飲んで大いに語り合いましょう。

投稿: エンテツ | 2010/09/24 08:56

今日もお付き合いいただき、どうもありがとうございました!
おかげさまで、とても興味深いお話がたくさん聞けました。

>しかし、もともと、下町は、故郷を他郷にもつ人たちの「多文化社会」だった。のだから、「人情」というものは、下町の日本人独特というより、多文化混交社会がもたらしたものなのかも知れない。

本当にそのとおりです。
僕もずっとそれを考えていました。

でも、その一方で、

>それにしても、飲食店は、たいへんな状況にありますな。日本も、たいへんな状況にあるけど。さて、これから、どうなるのだろうか。

これもまた、その通りなんですよね・・・

お察しの通り、僕もそういうローカルな「いい話」とか「ホントのトコロ」を書いていくほうが断然好きなのですが、一応シャカイ学者なもので、この辺のテーマを扱うときには、入管政策がどうの労働市場がどうのみたいなことも言及しなければいけないんですよね・・・
今はどっちかというとそういう大きい話をまとめてるところでストレスがたまっているのですが、「西郷さんの半径10m」の話とどう接続していけるか、そこが勝負どころですね、やはり。

投稿: yas-igarashi | 2010/09/24 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/49540492

この記事へのトラックバック一覧です: 日本と東京の深いところ。:

« 非文字文化のビジュアルと文字文化のビジュアルそして汁かけめし。 | トップページ | スロコメ@下北沢での古墳ナイトは、明後26日ってことで。 »