« 盛岡市桜山問題、その後の動き。太田和彦さん反対表明。署名に協力を。 | トップページ | 祝はすみふぁーむ、ワイナリーついに完成しました。 »

2010/10/20

「まちづくり」、もっと「毒」や「菌」を吐きたいのだが。

桜山問題を書いたエントリーに、アクセスが多い。それもツィッターから。関心が高く、議論になるのは、いいことだ。とことん話し合ってほしいものだ。

おれは、この件に関しては、ほんとうは、盛岡市の「お城をシンボルとした、風格とにぎわいある魅力都心」を標榜する「「お城を中心としたまちづくり計画」案」に、根源的なモンダイがあると思っている。が、ま、いまはそのことは、いいだろう。

「まちづくり」には、プロもアマもない。もちろん、老若男女もない。プロはアマを罵倒しながら、アマはプロを罵倒しながら、ジジババは若者を罵倒し、若者はジジババを罵倒し、大いに渾沌するなかで、真実が浮かんで来るものなのだ。

にぎわいのあるまちほど、いろいろな人が渦巻き渾沌としている。「悪書追放」のようなキレイゴトを並べ立てたようなまちや、まちづくり計画からは、にぎわいは生まれないし育たない。

新宿のヤミ市あとの「思い出横丁」は、「しょんべん横丁」と呼ばれ嫌われ愛されながら、数年前には火事も出て、それでは再開発が進むかと思ったら、再開発組合は解散。かえって、にぎやかになった。いまや韓国などのガイドブックにも紹介され、韓国や台湾のガイドブック片手の若いカップルが憎らしくイチャイチャし、白人の団体がデカイ身体で狭い通路をふさぐ。店も入れ替っているし、古い店のリニューアルがすすむ。そういう意味では、むかしの面影はなくて、おれなんかもうツマラナイから行かないと悪態つきつつ、しようがねえなあと行っちゃうのだ。ゴールデン街も、しかり。

「にぎわい」というのは、新旧がゴチャゴチャ入り混じるところにある。つまりは、まちを「プロ」の手で一挙にぬりかえるより、人びとにもまれながら、渾沌の中で生き方をみつけていくのが「まち」なのだ。そうそう、きのうのエントリーに引用した「てくり」の名言、「渾沌の中に、真実は在る。」だ。

とりわけ、これまでの、「プロ」の計画屋がやる、開発投資がかかり、あとは維持経費の負担に苦労するような「まちづくり」は、もうたいがい時代にあわなくなっていることは、知られてきている。

飲食店もなあ、これまでの「高級感」を軸にしていると、とんだことになるだろうね。「まち」だって、おなじだよ。「風格」だの「高級」だのといった感覚とはちがう、楽しさやおもしろさを発見しなくてはなあ。

だから、
2010/01/20
「アートの力を信じる」…地域とは、好きでもないやつと暮らす場所。

そんなわけで、「居酒屋は大人の駄菓子屋である」という論が、飲食店だけじゃなく、まちづくりにも生きてくるのだな。と、この校正は、きのう無事に終わったから、11月1日発売の「ミーツ・リージョナル」12月号に注目!

つまりは、これからは、大衆食堂な「まち」や大衆食堂な「まちづくり」だってこと。

あっ、そうそう、まちづくりといえば、北九州市戸畑区のまちづくり推進課の企画で「地元再発見 みんなのおつまみ講座」ってのがあるのだ。その第1回が、「大衆めしとおつまみ」ということで、瀬尾幸子さんが講師。パネリストに、北九州角打ち文化研究会会長の須藤輝勝さんだ。こちら、須藤さんのブログに詳細があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/sudoteru/33317315.html

これぞ、大衆食堂的まちづくりだねえ。この企画は、2年ほど前に、小倉駅の北側の角打ちで須藤さんたちと飲んだときにも一緒だった、Tさんによるものだ。Tさん、「さっそく「みんなの大衆めし」アマゾンで購入して読みました。いままでにない視点でおもしろかったです。白滝のたらこ煮はすぐつくりたくなりました。瀬尾さんのはすぐつくりたくなるのがよい」と、メールをくださった方だ。これからの「まちづくり」を考えるには、『みんなの大衆めし』を読むことだね。

| |

« 盛岡市桜山問題、その後の動き。太田和彦さん反対表明。署名に協力を。 | トップページ | 祝はすみふぁーむ、ワイナリーついに完成しました。 »

コメント

おひさしぶりですねえ。
大いにご活躍のようで。

ぜひ参加して、面白いものを生んでくださいよ。

おれも行きたいけど、カネも時間もなかりけり。

投稿: エンテツ | 2010/10/25 16:21

あ,瀬尾さんのやつ、僕も見に行く予定にしています。
なんとか時間を合わせて帰ってやろうと。

面白いものが生まれると良いですね。

投稿: kowskeohno | 2010/10/25 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まちづくり」、もっと「毒」や「菌」を吐きたいのだが。:

« 盛岡市桜山問題、その後の動き。太田和彦さん反対表明。署名に協力を。 | トップページ | 祝はすみふぁーむ、ワイナリーついに完成しました。 »