« 『四月と十月』10月号(Vol.23)発行。 | トップページ | ギョニソ(魚肉ソーセージ)キャラクター・コンテスト。さばのゆ@経堂。 »

2010/10/31

感情的にならない、怒らないことが、オリコウな大人と思っている、アナタへ。

Dobaka_00

いや、アナタに向かって、こう言いたいわけじゃない。これ、何かの本をコピーしたものが、ヒラヒラと一枚出てきたのだが、何の本だったか思い出せない。

とりあえず、きょうは、これを載せておくのである。

Dobaka_01

リード文に、「マイホームを手に入れて、電気冷蔵庫を買って、マイカーを乗りまわしてご満足の皆さん、あなたは最近、怒らなくなりましたね!」とあるが、これ、昭和51年つまり1976年ことだ。いっとき怒った「全共闘」も、長い髪を切って、もとのお坊ちゃんやお嬢ちゃんにもどったころ。

あれから、さらにますます、オリコウでコリコウ、やさしく上品に知的にイイ人間ぶることがはやり、訳知り顔の「クール」だの「クレバー」だのがもてはやされるようになったのだが、それって、うまく飼いならされているだけじゃないの。という気がしないでもない。ほんとうは貧乏人、「高級とり」といっても賃金労働者、アーチストだの芸術家だのといったって日雇い労働者の賃金も稼げないくせに、エグゼクティブクラスやインテリ中流文化人ぶっちゃってさ。

人間だもの、もっと、熱く、燃えなくてはなあ。おれは、どちらかといえば温厚なほうだとは思うが、熱く燃えているのだ。燃えているぞ~。くそったれ。この中に「くそったれ」がないじゃないか。

Dobaka_02

Dobaka_03

以前、こんなことを書いていた。
2008/10/22やさしい、ていねい、洒脱もいいが、乱暴にも馴染んでほしい。

|

« 『四月と十月』10月号(Vol.23)発行。 | トップページ | ギョニソ(魚肉ソーセージ)キャラクター・コンテスト。さばのゆ@経堂。 »

コメント

怒るとパワハラとは、喜怒哀楽の一個がダメなわけで、切ないですねえ。でも、そういう職場が増えているよう。日本中、職場でガマン、家庭で爆発、なーんてことになると、ただでさえ少子化なのに…。

ま、とにかく、大いに熱く生きましょう。熱いやつのいない世間は、つまらない。熱いやつが世間をおもしろくする。

投稿: エンテツ | 2010/11/01 19:50

怒るとパワーハラスメントになる
調理場ではたらいてます。

私も熱く燃えてます。

でも住みにくいのは確かです。  


で、


温度が下がりそうでしたが、


がんばりたいと思います。

いいブログみました。


ありがとうございます。

投稿: giraud | 2010/11/01 13:39

「宿六」ですね。

酒を呑まないやつには、ガンガン悪態つきましょう。

投稿: エンテツ | 2010/11/01 11:31

マイど〜

相手をノノシル言葉ですね。


宿六だったか宿八だったか?

あと…「エロがっぱ」なんてのも。


1976年ですか、その後アタシ達の世代は「新人類」と揶揄され、ウォークマンが流行るとなんでも小型化がブームとなり…

それらを駆使する人間もひっくるめて【軽薄短小】と呼ばれました。


サントリーがCMでペンギンズバーを復活させましたが、これもその頃の流行り。

なんとなく…思い出しました。

投稿: ちゃぶだい | 2010/10/31 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感情的にならない、怒らないことが、オリコウな大人と思っている、アナタへ。:

« 『四月と十月』10月号(Vol.23)発行。 | トップページ | ギョニソ(魚肉ソーセージ)キャラクター・コンテスト。さばのゆ@経堂。 »