« ようするに制度の更新力か。ミーツの力ほとばしる11月号。 | トップページ | 酒々(ささ)の会。 »

2010/10/02

「居酒屋エンテツ」構想。

清酒は、アル添や三増酒のたぐい。もちろん紙パック。そのほか、合成酒や合成酒のようなリキュール類もいいだろう。焼酎も、これらに準ずる。ビールは、第3のビールや発泡酒。ようするに安酒。

つまみは、最もありふれた食材で作る。能書き、職人技、丁寧な仕事、繊細な心配りなどは、なし。ようするに安料理。

いい人いい酒いい料理に頼ることなく、自ら楽しく飲む人間をみがく。

「オトナの生活とは、他人の目を気にすることなく、つねに独自に決断をくだせるゆとりを、自分の生活の守備範囲に堅持しつづけることである。」自分の生活の守備範囲にゆとりを確保することで、「そのゆとりが楽しさやバイタリティになる。」……『大衆食堂の研究』より。

|

« ようするに制度の更新力か。ミーツの力ほとばしる11月号。 | トップページ | 酒々(ささ)の会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/49626190

この記事へのトラックバック一覧です: 「居酒屋エンテツ」構想。:

« ようするに制度の更新力か。ミーツの力ほとばしる11月号。 | トップページ | 酒々(ささ)の会。 »